学部・学科情報

看護学科

豊かな人間性を培い、専門的知識・技術および高い倫理的判断力を身に付け、変動する社会の中で看護職としての役割と機能を認識し、広く社会に貢献できる実践的能力を備えた看護専門職を育てます。

 

取得可能な国家資格受験資格
●看護師
●保健師(10名)
●助産師(5名)
※保健師教育課程・助産師教育課程のどちらか一方の選択が可能。履修者は2年次末に希望者の中からそれぞれ選抜します。

 

2020年4月、
薬物療法を強化した看護教育が始まります。

第一薬科大学では創立60周年となる2020年4月に看護学部が誕生いたします。
本学は「惻隠の情」を教育目標としています。「惻隠の情」とは、思いやりの心、看護職として病む人をケアする上で大切な、寄り添うという心情です。本看護学部では人としての感性を育むために、教養教育を始めとする学びやアドバイザー教員による継続的関わりなど、多くの交流を通して育てていける環境を用意しています。
看護学は健康のあらゆる段階の人々、赤ちゃんから高齢者までの人々を対象とした学問分野です。超少子高齢社会の今日、看護の役割は、病院から地域社会へと拡大、多様化し、ますます重要となっています。
これらに対応していくために本学部では、最新のシミュレーション教育の導入をはじめ充実した環境設備のもと、専門的教育に加え、組織で働く基礎力を持った人材を育ててまいります。
人に関わることが好きな方、看護に関心がある方、ぜひ第一薬科大学看護学部で看護職を目指して学んでみませんか。

教育の特長
1.薬物療法に強い看護職の育成 いまや看護職に「薬物療法に関する知識」は欠かせません。
なぜなら看護師の使命は、人々の人間としての尊厳を維持し、健康で幸福でありたいという普遍的なニーズに応え、その人らしく生活していくことに貢献することであり、何らかの薬を使用した治療や予防を受けている多くの人々の支援も看護師の重要な役割だからです。
看護師には、薬剤の作用・副作用の知識だけにとどまらず、医師や薬剤師等の他職種と協働しながら、人々のニーズや生活にあった、安全で有効な薬理効果を得るための看護実践が望まれています。
本学では「薬物療法に強い看護職育成」のため、他大学の約3倍の授業単位数を薬物療法関連科目に充てています。60年の歴史を持つ薬学教育の基盤を活かし、薬物療法を看護の視点で考え、実践していくための知識と技術を修得します。
2.地域に貢献できる看護職の育成 これからの看護職には、“疾病”をみる「医療」の視点だけではなく、生きていく営みである「生活」の視点が重要であるため、集中的かつ短期間の病院等による医療の提供から、在宅における予防・治療そして看取りまで、その人らしい生活が続けられる切れ目ない支援を行うため、地域志向型の教育を行います。
また、本学部では、薬学部の学生との合同講義や大学祭などの学内行事を通して、同じ医療人として互いに尊重する姿勢や、共に健康課題を解決できる能力を育み、地域に、そしてチーム医療に貢献できる看護職の育成を目指します。
3.保健師・助産師の育成 さらに専門性を高めたいと希望する学生には、保健師教育課程(10名)・助産師教育課程(5名)のどちらか一方を選択できるカリキュラムを用意しています。履修者は2年次末に希望者の中からそれぞれ選抜します。 このような4年制の学士教育において、保健師・助産師・看護師3つの看護職養成課程をもつのは、福岡市内では本学だけです。 また、本学の特長でもある「薬物療法に強い看護職の育成」には、保健師・助産師も含まれています。保健師そして助産師として、それぞれのフィールドで活躍できる薬物療法に強い看護職の育成を目指します。

 

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

第一薬科大学は、本学の建学の精神「個性の伸展による人生練磨」を基本理念とし、看護師を嘱望する学生を受入れ、国内外を通じてチーム医療や地域社会に貢献できる医療人の育成を行います。そのため、次のような学生を受入れます。

 

1.看護職者への明確な目的意識をもち、看護を通して地域医療に貢献しようという意欲を持っている。

2.専門的知識・技術の修得に必要な基礎学力を有している。

3.多様な人とコミュニケーションをとることができる。