学部・学科情報

薬学科

「薬をつくり、供給・分配する」。「薬を効果的に活かす」。「人々の健康を保証する」。
これら3つに大別できる薬学の使命を胸に、本学科では医薬品を活かすために必要な豊富な知識をじっくりと修得。 さらに、食品や環境の知識も身につけ、広い視野で人々の健康を保証できる薬剤師を育てます。

 

きめ細やかな指導で実践能力の高い薬剤師へ。

本学は1960年に創立し、これまでにおよそ1万5千名の卒業生を輩出してきました。少人数担任制で学生一人ひとりにきめ細かい指導ができるのが本学の強みです。学習支援の教員や施設も充実しています。薬学科の目標は薬の専門家として医療の各分野に対応できる知識・技能・態度、そして豊かな人間性や倫理観を備えた実践能力の高い薬剤師の育成です。仲間とともに学び、共に育ち、未来の自分を切り拓いていきましょう。

めざすは創造的な薬のゲートキーパー。
本学科が目指すのは創造的な薬剤師です。
言い換えれば、一人の患者様に起こる可能性のある医薬品反応を予測できる薬剤師です。本学科で学ぶ学生に覚えておいてほしいのは、医薬品は病気の治療や予防など、望ましい働きをし人々の健康に貢献する一方で、使い方次第では毒にもなる危険性があるという事実です。サリドマイド事件やソリブジン事件など、様々な薬害によって多くの被害者が出たという過去を忘れてはいけません。
薬剤師は医薬品による健康被害を防ぐ「ゲートキーパー」なのです。本学科では目の前の患者様を救うため、医薬品の効果を最大限に引き出し、健康被害を防ぐ教育を徹底します。志ある仲間とともに、医療安全に貢献できる創造性豊かな薬のゲートキーパー=薬剤師をめざしましょう。
チーム医療が主流の今、薬剤師の役割も拡大。
医療行為はこれまでの医師主導型から医師、薬剤師、臨床検査技師、看護師などが一丸となって治療にあたるチーム医療が主流となっています。
各スタッフがそれぞれの専門的知識を活かして積極的に治療に参加し、治療効果を高める。これがチーム医療の目的です。薬剤師が持つ知識にかかる期待値も高まっています。

 

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

第一薬科大学は、本学の建学の精神「個性の伸展による人生練磨」を基本理念とし、薬剤師を嘱望する学生を受入れ、国内外を通じてチーム医療や地域社会に貢献できる医療人の育成を心がけています。そのため、次のような学生を受入れます。

 

1.高等学校の教育課程を幅広く修得しており、理科系科目(化学、数学、物理、生物)の基礎的な内容を

  身に付けている。

2.協調性および相互理解のためのコミュニケーション能力を有している。

3.生命を尊重し、他者を大切に思う心がある。

4.薬学に関心を持ち、人々の健康増進と医療に貢献したいという目的意識を持っている。

5.入学前教育として求められる、必要な基礎的な知識を身につけるためのプログラムに最後まで取り組む

  意欲がある。


薬学科