研究室紹介

分子生物学分野

スタッフ

科目ごとのオフィスアワーはシラバスを確認してください

スタッフ 主な担当科目 オフィスアワー
教授 長田 茂宏 (博士(薬学)) 生命科学Ⅲ・Ⅳ
ゲノム創薬論
生物系実習
水曜日 13:30~17:00
不在の場合はメールにて対応
助教 岡﨑 裕之 (博士(薬学))

生物系実習

水曜日 16:00~17:00
不在の場合はメールにて対応
研究内容

遺伝情報を担う核内DNAは、ヒストンタンパク質などとクロマチンと呼ばれる複合体を形成しています。ヒトを含む様々な生物のゲノムDNAの塩基配列が決定され、ポストゲノム時代として、クロマチンからの遺伝情報の読み出し(発現)制御機構の解明が必要とされています。
「がんは遺伝子の異常によって起こる病気(ジェネティクス異常)である」ことが明らかにされています。がん研究には、ジェネティクス解析に加えて、クロマチン関連因子を介したエピジェネティクス制御(DNA配列変化を伴わずに遺伝子発現を制御する機構)を考慮した解析も必要です。私たちは肝前がん病変において発現変化するヒストン修飾酵素を含むクロマチン関連因子を同定しました。そして、これらの因子ががん細胞の特徴の制御に関わっていることを明らかにしました。
これらの研究を通して、生命現象の理解を目指すとともに、医薬品開発・化学物質安全性評価系構築の基盤研究を進めています。

代表論文

長 田

【原著論文】

  • FAD104, a regulator of adipogenesis, is a novel suppressor of TGF-β-mediated EMT in cervical cancer cells. Gotoh, M., Osada, S., and Imagawa, M., and Nishizuka, M. Sci. Rep., 2017, 7(1): 16365 1-12.
  • Fad104, a positive regulator of adipocyte differentiation, suppresses invasion and metastasis of melanoma cells by inhibition of STAT3 activity. Katoh, D., Nishizuka, M., Osada, S., and Imagawa, M. PLoS One, 2015, 10(2): e0117197.
  • FAD104, a regulatory factor of adipogenesis, acts as a novel regulator of calvarial bone formation. Kishimoto, K., Nishizuka, M., Katoh, D., Kato, A., Osada, S., and Imagawa, M. J. Biol. Chem., 2013, 288(44): 31772-31783.
  • Elevated expression of coactivator-associated arginine methyltransferase 1 is associated with early hepatocarcinogenesis. Osada, S., Suzuki, S., Yoshimi, C., Matsumoto, M., Shirai, T., Takahashi, S., and Imagawa, M. Oncol. Rep., 2013, 30(4): 1669-1674.
  • Inositol phosphate kinase Vip1p interacts with histone chaperone Asf1p in Saccharomyces cerevisiae. Osada, S., Kageyama, K., Ohnishi, Y., Nishikawa, J., Nishihara, T., and Imagawa, M. Mol. Biol. Rep., 2012, 39(4): 4989-4996.

【総説】

  • 発がん初期に発現上昇するヒストン修飾酵素の役割 Role of histone modification enzymes induced at the early stage of hepatocarcinogenesis. 長田茂宏 月刊「細胞」, 2017, 49(8): 44(412)-47(415).

岡 﨑

【原著論文】

  • Bisphenol AF as an Inducer of Estrogen Receptor β (ERβ): Evidence for Anti-estrogenic Effects at Higher Concentrations in Human Breast Cancer Cells. Okazaki, H., Takeda, S., Kakizoe, K., Taniguchi, A., Tokuyasu, M., Himeno, T., Ishii, H., Kohro-Ikeda, E., Haraguchi, K., Watanabe, K., Aramaki, H. Biol. Pharm. Bull. 2017, 40(11): 1909-1916.
  • A novel bongkrekic acid analog-mediated modulation of the size of lipid droplets: evidence for the appearance of smaller adipocytes. Okazaki, H., Takeda, S., Ishii, H., Takemoto, Y., Fujita, S., Suyama, M., Matsumoto, K., Shindo, M., Aramaki, H. Biol. Pharm. Bull. 2017, 40(8): 1192-1198.
  • Circadian clock in a mouse colon tumor regulates intracellular iron levels to promote tumor progression. Okazaki, F., Matsunaga, N., Okazaki, H., Azuma, H., Hamamura, K., Hara, Y., Tsuruta, A., Tsurudome, Y., Ogino, T., Suzuki, T., Hyodo, K., Ishihara, H., Kikuchi, H., To, H., Aramaki, H., Koyanagi, S., Ohdo, S. J. Biol. Chem. 2016, 291(13):7017-28.
  • Circadian regulation of mTOR by ubiquitin pathway in renal cell carcinoma. Okazaki, H., Matsunaga, N., Fujioka, T., Okazaki, F., Akagawa, Y., Tsurudome, Y., Ono, M., Kuwano, M., Koyanagi, S., Ohdo, S. Cancer Res. 2014, 74:543-551.
  • Circadian rhythm of transferrin receptor 1gene expression controlled by c-Myc in colon cancer-bearing mice. Okazaki, F., Matsunaga, N., Okazaki, H., Utoguchi, N., Suzuki, R., Maruyama, K., Koyanagi, S., Ohdo, S. Cancer Res. 2010, 70: 6238-6246.
著書

長 田

  • 第19章 転写・翻訳の過程と調節, p.146-167, スタンダード薬学シリーズⅡ 4 生物系薬学 Ⅰ. 生命現象の基礎(日本薬学会 編), 東京化学同人 (2015)
  • 第7章 がんと転写因子, p. 93-102, がん増殖と悪性化の分子機構(宮澤恵二・伊東進 編), 化学同人 (2012)
  • 第2章 分子遺伝学の基礎と応用, p. 89-110, 21世紀の考える薬学微生物学「第3版」(池澤宏郎編), 廣川書店(2011)

岡 﨑

  • 第3章 遺伝情報の発現, p.62-66,コンパス分子生物学 改訂第2版(荒牧 弘範, 大戸 茂弘 編), 南江堂 (2015)
連絡先
長田 茂宏(Shigehiro Osada)
TEL:092-541-0161 ext.423
FAX:092-553-5698
E-mail:s-osada@daiichi-cps.ac.jp