研究室紹介

処方解析学分野

スタッフ

科目ごとのオフィスアワーはシラバスを確認してください

スタッフ 主な担当科目 オフィスアワー
教授 村山(田鶴谷) 惠子 (薬学博士) 製剤学Ⅰ
薬剤系実習
火曜日 15:00~17:00
不在時はメールで対応
准教授 廣村 信(博士(薬学))

生命科学Ⅰ・Ⅱ
衛生薬学実習
基礎実習

木曜日 13:30~17:30
不在時はメールで対応

研究内容

処方解析とは処方された薬や事前に得られた患者情報から、薬剤師が持つ知識や情報を利用して患者の病状を予測し、その処方が最適なものかを検討し、服薬指導を組み立てることを言います。 本研究室では、抗生物質の適正使用や耐性菌発現抑制を目的として、市中MRSAの遺伝子解析や環境微生物の調査を行っています。また、新規抗生物質開発のターゲット分子開発を目的として、大腸菌、酵母、アーキアなどのビタミン、特にビタミンB1を中心として生合成経路関連遺伝子や酵素について、機能解析を行っています。さらに、培養細胞を用いて、横紋筋融解症の発症メカニズムと相互作用についても検討しています。
生体金属元素は、地球上の生物が生きていくために必須のバイオファクターです。現在では、生体金属元素の恒常性維持の破綻が、がんや生活習慣病などの発症と深く関わっていることが明らかにされつつあります。このような生体金属元素のうち、亜鉛トランスポーターの機能解析や遺伝子発現制御などの研究を行っています。

代表論文
  • PM2.5中の水溶性成分がマスト細胞株の脱顆粒に及ぼす影響 片岡裕美、中村智美、田鶴谷(村山)惠子、山下沢、西川淳一 大気環境学会誌、52(1)、12-18 (2017).
  • 古細菌のチアミン生合成経路の生化学的研究 林麻利亜、田鶴谷(村山)惠子、野坂和人 ビタミン(Vitamins (Japan),91(38-47), (2017)
  • Kijima Y, Hayashi M, Yamada K., Tazuya-Murayama K. The biosynthesis of the pyrimidine moiety of thiamin in Halobacterium salinarum J Nutr. Sci. Vitaminol., 62(2),130-133, 2016
  • The biosynthesis of the thiazole moiety of thiamin in the archaeon, Halobacterium salinarum. Hayashi M, Kijima Y, Tazuya-Murayama K, Yamada K. J. Nutr. Sci. Vitaminol., 61(3), 270-274, 2015.
  • Enzymatic and structural characterization of an archaeal thiamin phosphate synthase. Biochim Biophys Acta.  Hayashi M, Kobayashi K, Esaki H, Konno H, Akaji K, Tazuya K, Yamada K, Nakabayashi T, Nosaka K. , 1844(4):803-9 (2014)
  • 食品による医薬品の苦味マスキング効果: 城戸 克己、南堂 佑介、福田直道、村山惠子 第一薬科大学研究年報 30, 11-14 (2014)
  • 酵母のチアミン生合成経路に関するもう1つの自殺酵素Thi5: 田鶴谷(村山)惠子,林 麻利亜,山田 和子, ビタミン 88(3),161-164 (2014)
  • Visualization of biodistribution of Zn complex with antidiabetic activity using semiconductor Compton camera GREI. Munekane M., Motomura S., Kamino S., Ueda M., Haba H., Yoshikawa Y., Yasui H., Hiromura M. and Enomoto S. Biochem. Biophys. Rep. 5, 211-215 (2016)
  • Effect of adenosine system in the action of oseltamivir on behavior in mice. Uchiyama H, Hiromura M, Shiratani T, Kuroki H, Honda S, Kosako K, Soeda S, Inoue K, Toda A. Neurosci Lett., 599,7-11.(2015)
  • Identification and characterization of a cell division-regulating kinase AKB1 (associated kinase of Trypanosoma brucei 14-3-3) through proteomics study of the Tb14-3-3 binding proteins. Inoue M, Okamoto K, Uemura H, Yasuda K, Motohara Y, Morita K, Hiromura M, Reddy EP, Fukuma T, Horikoshi N. J Biochem.,58:49-60(2015).
  • A new paradigm for transcription factor TFIIB functionality. Gelev V, Zabolotny JM, Lange M, Hiromura M, Yoo SW, Orlando JS, Kushnir A, Horikoshi N, Paquet E, Bachvarov D, Schaffer PA, Usheva A. Sci Rep. 4, 3664 (2014)
  • Essential role of the Zinc transporter ZIP9/SLC39A9 in regulating the activations of Akt and Erk in B-cell receptor signaling pathway in DT40 cells. Taniguchi M, Fukunaka A, Hagihara M, Watanabe K, Kamino S, Kambe T, Enomoto S, Hiromura M. PLOS ONE, 8, e58022 (2013)
  • Essential roles of Raf/extracellular signal-regulated kinase/mitogen-activated protein kinase pathway, YY1, and Ca2+ influx in growth arrest of human vascular smooth muscle cells by bilirubin. Stoeckius M, Erat A, Fujikawa T, Hiromura M, Koulova A, Otterbein L, Bianchi C, Tobiasch E, Dagon Y, Sellke FW, Usheva A. J. Biol. Chem., 287, 15418-15426 (2012)
 
著書
  • 最新栄養学[第10版] ―専門領域の最新情報―  (木村修一・古野純典 翻訳監修, 小川佳宏・桑田有・駒井三千夫・武田英二・徳留信寛・伏木亨・渡邊敏明 翻訳編集) 17章チアミン 共訳:田鶴谷(村山)惠子、廣村信、山元誉子 建帛社、東京(2014年)
  • 臨床製剤学 南江堂 改訂第3版:Ⅲ 各種医薬品製剤1-8 村山惠子(三嶋基弘,内田享弘,平井正巳,川嵜博文 編)南江堂,東京(2012年)
  • Perspective薬剤学 (大戸茂弘編),共著:三嶋基弘,村山(田鶴谷)惠子,京都廣川書店,東京(2011))
  • ビタミン総合事典 ビタミンB1 Ⅱ-1.2構造,化学,生理作用:田鶴谷惠子(日本ビタミン学会編)朝倉書店,東京(2010年)
  • 酵素ハンドブック 第3版: ビタミンB1,ビタミンB2 山田和子、田鶴谷恵子
    (八木達彦、福井俊郎、一島英治、鏡山博行、虎谷哲夫編)朝倉書店,東京(2008)
  • Isotopically labeled precursors and mass spectrometry in elucidation biosynthesis of the pyrimidine moiety of thiamin in Saccharomyces cerevisiae. Keiko Tazuya, Kazuko Yamada, and Hiroshi Kumaoka in “Methods in Enzymology” (McCormic, D. B. et al., eds.,) Vol. 279, pp.97-108, Acadamic Press, New York, 1997
連絡先

〒815-8511福岡市南区玉川町22-1
第一薬科大学 臨床薬学講座・処方解析学分野
Tel.092-541-0161  Fax.092-553-5698
村山(田鶴谷)惠子(内376)
廣村信(内401)