研究室紹介

地域医療薬学センター

近年、地域の人々のセルフメディケーションのサポート、在宅医療およびかかりつけ薬剤師など、薬剤師の職能の拡大と共に、病院や薬局のみでなく、地域の中で活躍する薬剤師が強く要求されている。当センターは社会の要求に応え、また社会の問題を解決・緩和するための、薬剤師の職能の向上や新しい仕事の開拓を目的とした研究を行っている。また、我々は医療人として海外の“地域の人々”を助ける研究も行っている。当センターの教員は医師、歯科医師、5人の薬剤師からなり、幅広い視点から薬剤師の職能を向上させ、地域の健康問題を解決する研究能力がある。

センター長 吉武 毅人

科目ごとのオフィスアワーはシラバスを確認してください

スタッフ 主な担当科目 オフィスアワー
教授 吉武 毅人 (博士(医学)) 病態薬物治療学Ⅱ・Ⅲ
医学概論
月曜日 13:00~15:00
不在の場合はメールにて対応
教授 森内 宏志 (博士(薬学)) 薬学英語
実務実習事前学習
実務実習
毎日 16:15~17:00
不在の場合はメールにて対応
教授 窪田 敏夫 (博士(薬学)) 医薬品情報学
医療統計学
金曜日 16:00~17:00
不在の場合はメールにて対応
教授 俵口 奈穂美 (博士(薬学)) 医薬品情報学
早期臨床体験
実務実習事前学習
水~金曜日 16:30~17:00
不在の場合はメールにて対応
准教授 大光 正男 (博士(医学)) 薬事関係法規・制度
実務実習事前学習
臨床薬学英語
医療概論
火曜日・木曜日 16:30~17:00
不在の場合はメールにて対応
講師 小武家 優子 (博士(医学))
(医療経営・管理学修士(専門職))
公衆衛生学
健康管理学
実務実習事前学習
月曜日 14:45~16:15
不在の場合はメールにて対応
講師 香月 正明 (博士(薬学)) 調剤学
薬剤学実習
実務実習事前学習
水曜日 13:00~17:00
不在の場合はメールにて対応
助教 古賀 多津子 (薬学士) 実務実習事前学習 水~金曜日 16:00~17:00
不在の場合はメールにて対応
助教 鎌内(森山) 朋子 (博士(医学)) 実務実習事前学習
医薬品情報学
金曜日 16:00~17:00
不在の場合はメールにて対応
研究内容

吉 武

  • 地域医療および地域保健における薬剤師の役割に関する研究
  • 在宅医療における薬剤師の教育プログラム構築に関する研究
  • 第一工業大学と連携した研究

森 内

  • 薬剤誘発性疾患(副作用)に関する研究
  • 災害時の医療に関する研究
  • 海外の薬剤師の職能または薬学教育に関する研究

窪 田

  • 小児・乳幼児に対する抗菌薬の適正使用量の検討~抗MRSA薬(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)テイコプラニンについて~ 
  • 薬局における残薬確認の有用性に関する研究
  • 音声コミュニケーション障害を有する患者に対する薬剤師の役割に関する研究

俵 口

  • 音声コミュニケーション障害を有する患者に対する薬剤師の役割に関する研究
  • 聴覚障がい者への合理的配慮に関する研究
  • コミュニケーションバリアのある方への薬剤師の役割に関する研究

大 光

  • 薬局における検体測定室を活用した薬剤師の役割に関する研究
  • 調剤薬局における薬剤師介入による医療効果の向上に関する研究
  • 在宅医療における薬学生・薬剤師の教育効果に関する研究
  • 学校薬剤師に関する調査研究

小武家

  • 地域医療および地域保健における薬剤師の役割に関する研究
  • 在宅医療における薬剤師の教育プログラム構築に関する研究
  • 九州中央病院と連携した栄養および摂食・嚥下に関する研究

古 賀

  • 学生の喫煙に対する意識調査研究
  • 高齢者施設における骨密度スクリーニング調査研究

鎌 内

  • 痛みのメカニズムに関する研究
代表論文

吉武・小武家

  • 吉武 毅人, 大澤 友二. 薬剤師の在宅医療推進のための症例検討プログラムの構築‐教育と臨床の癒合‐. 薬学雑誌. 137 (8): 927-928 (2017)
  • 吉武 毅人.「教育用在宅症例作成ワーキンググループ」設置の背景. 薬学雑誌. 137 (8): 929-933. (2017)
  • 小武家 優子. 薬学教育における在宅医療教育の現状とその課題「教育用在宅症例作成ワーキンググループ」活動を通じて. 薬学雑誌. 137 (8): 935-940. (2017)
  • 笹原 明日香, 小武家 優子, 村井 未来, 大光 正男, 吉武 毅人. 中途視覚障害者における薬剤使用の実態調査. 社会薬学. 35(2): 69-79. (2016)
  • 飯田 浩子, 安藤 伸一郎, 坂本 潤治, 重光 美希, 小武家 優子, 大光 正男, 湯川 栄二, 吉武 毅人. 薬剤師のフィジカルアセスメント実践に有効なセミナープログラム構築に向けた意識調査. 社会薬学. 34 (2): 132-140. (2015)
  • 吉田 健, 小武家 優子, 大光 正男, 吉武 毅人. 処方せん応需薬局における待ち時間予測に関する検討. 社会薬学. 33 (2): 61-66. (2014)
  • 小武家 優子, 山本 香織, 馬郡 麻衣, 杉野 絵里, 吉田 健, 吉武 毅人. 災害サイクルからみた東日本大震災における薬剤師支援業務の変化―福岡県薬剤師会会員ボランティア派遣者の質問紙調査から―. 九州薬学会会報. 67: 73-76. (2013)
  • 横山 さゆり, 吉武 毅人. 薬学部1年生の国際保健医療協力に対する意識調査. 医療薬学. 35(11): 782-790. (2009)

森 内

  • Tanaka Y, Ishitsuka Y, Hayasaka M, Yamada Y, Miyata K, Endo M, Kondo Y, Moriuchi H, Irikura M, Tanaka K, Mizushima T, Oike Y, Irie T. The exacerbating roles of CCAAT/enhancer-binding protein homologous protein (CHOP) in the development of bleomycin-induced pulmonary fibrosis and the preventive effects of tauroursodeoxycholic acid (TUDCA) against pulmonary fibrosis in mice. Pharmacol Reserch. Sep;99: 52-62. doi: 10.1016/j.phrs.2015.05.004. Epub 2015 May 22. (2015)
  • Moriuchi H, Ishiguro T, Tsuruta S, Ishitsuka Y, Irikura M and Irie T. How to relay information on hospitals and pharmacies in disasters using personal (ham) radio operators. Japanese Journal of Pharmaceutical Health Care and Sciences. 39: 635-643. (2013)
  • Moriuchi H, Ishiguro T, Tsuruta S, Ishitsuka Y, Irikura M and Irie T. An example of contribution by pharmacists to local people as health care advisors. Bulletin of Sojo University. 39: 635-643. (2013)
  • Ishitsuka Y, Moriuchi H, Isohama Y, Tokunaga H, Hatamoto K, Kurita S, Irikura M, Iyama K, and Irie T. A selective thromboxane A2 (TXA2) synthase inhibitor、 ozagrel、 attenuates lung injury and decreases monocyte chemoattractant protein-1 and interleukin-8 mRNA expression in oleic acid-induced lung injury in guinea pigs. Journal of Pharmacological Science. 111: 211-215. (2009)
  • Moriuchi H, Arai I and Yuizono T. Tranexamic acid attenuates oleic acid-induced pulmonary extravasation. Intensive Care Medicine. 12: 1003-1008. (1995)
  • Moriuchi H and Yuizono T. Pentoxifylline prevents a decrease in arterial oxygen tension in oleic acid-induced lung injury. Critical Care Medicine. 23: 357-364. (1995)

窪 田

  • Promoting patient care through communication training in pre-clerkship pharmacy education in Japan. Epp D, Kubota T, Yoshida M, Kishimoto J, Kobayashi D, Shimazoe T, Am J Pharm Educ., Jun;83(5):6745(2019).
  • Yamada T, Kubota T (corresponding), Yonezawa M, Nishio H, Kanno S, Yano T, Kobayashi D, Egashira N, Takada H, Hara T, Masuda S. Evaluation of Teicoplanin Trough Values After the Recommended Loading Dose in Children With Associated Safety Analysis. Pediatr Infect Dis J. 36(4): 398-400. (2017) doi: 10.1097/INF.
  • 俵口 奈緒美, 窪田 敏夫, 小林 大介, 島添 隆雄. 喉頭摘出者の術後症状の理解度及び安心感に対する薬剤師による教育の効果. 薬学雑誌. 37(1): 83-93. (2017)
  • Ichiki Y, Kobayashi D, Kubota T (corresponding), Ozono S, Murakami A, Yamakawa Y, Zeki K, Shimazoe T. Effect of Patient Education for Diabetic Outpatients by a Hospital Pharmacist: A Retrospective Study. Yakugaku Zasshi. 136(12): 1667-1674. (2016)
  • Hyoguchi N, Kobayashi D, Kubota T (corresponding), Shimazoe T. Effects of Medication Education by Pharmacists on Deaf Patients. J Deaf Stud Deaf Educ. 21(4): 416-21. (2016) doi: 10.1093/deafed/enw037
  • Koyanagi K, Kubota T, Kobayashi D, Kihara T, Yoshida T, Miisho T, Miura T, Sakamoto Y, Takaki J, Seo T, Shimazoe T. Prescription factors associated with medication non-adherence in Japan assessed from leftover drugs in the SETSUYAKU-BAG campaign: Focus on oral antidiabetic drugs. Frontiers in Pharmacology. 7: 212. (2016) doi: 10.3389/fphar.2016.00212
  • Yamada T, Kubota T (corresponding), Nakamura M, Ochiai M, Yonezawa M, Yano T, Kawashiri T, Egashira N, Hara T, Masuda S. Evaluation of teicoplanin concentrations and safety analysis in neonates. Int J Antimicrob Agents. 44(5): 458-62. (2014)
  • 小柳 香織, 窪田 敏夫, 小林 大介, 木原 太郎, 吉田 武夫, 三井所 尊正, 斎藤 友亮, 打越 英恵, 高木 淳一, 瀬尾 隆, 島添 隆雄. 節薬バッグ運動 外来患者の残薬の現状とその有効活用による医療費削減の取組み. 薬学雑誌. 133(11): 1215-1221. (2012)

俵 口

  • Hyoguchi N, Kobayashi D, Kubota T, Shimazoe T., Effects of Medical Educational Lectures by Pharmacists for Understanding and Relieving Post-laryngectomy Symptoms, YAKUGAKU ZASSHI, 137(1), 83 -93, (2017)
  • Hyoguchi N, Kobayashi D, Kubota T, Shimazoe T., Effects on deaf patients of medication education by pharmacists, J Deaf Stud Deaf Educ,21(4), 416-421, (2016)
  • Ueki T, Mouri Y, Sakamoto Y, Hyoguchi N, Yamashita M, Nagai K, Yamada M, Nakashima Y, Nakashima M., Survey of Noise in a Hospital Pharmacy, Journal of Japanese Society of Hospital Pharmacists, 49 (10), 1081-1085, (2013)
  • Miyazaki A, Takahashi A, Uchiyama M, Hyoguchi N, Fujitake T., Pharmaceutical Improvement of Preparation Methods for Allopurinol Gargle Regarding Microbial Contamination, Dispersibility, Taste, and Palatability, Kyushu Yakugakukaihou, 65, 63-66, (2011)

大 光

  • Ohmitsu M, Epp D, Magaribuchi N, Yukawa E. Report on Pharmacy Study Program Conducted in Canada. Annual Report of Daiichi University of Pharmacy. 30, pp59-72.( 2013)
  • Love D, Li FQ, Burke MC, Cyge B, Ohmitsu M, Cabello J, Larson JE, Brody SL, Cohen JC, Takemaru K. Altered lung morphogenesis, epithelial cell differentiation and mechanics in mice deficient in the Wnt/β-catenin antagonist Chibby. PLoS One. 25;5(10):e13600.(2010)
  • Tsutsumi K, Hada M, Ohmitsu M, Tazuya-Murayama K, Nose I, Tsuruta M, Mishima M and Morita K. Study on Improving Efficiency in Preparation of TAXOTERE® Injection. Jpn.J.Pharm.Health Care Sci. 35(6), 431-435. (2009)
  • Takemaru KI, Ohmitsu M, Li FQ. An oncogenic hub: β-catenin as a molecular target for cancer therapeutics. Handb Exp Pharmacol. (186):261-84. (2008)
  • Marutle A, Ohmitsu M, Nilbratt M, Greig NH, Nordberg A and Sugaya K. Modulation of Human Neural Stem Cell Differentiation in APP23 Transgenic mice by Phenserine Treatment. Pronc Natl Acad Sci USA. 12506-12511. (2007)
  • Sugaya K, Kwak YD, Ohmitsu M, Marutle A, Greig NH, Choumrina E. Practical issues in stem cell therapy for Alzheimer's disease. Curr Alzheimer Res. 4(4):370-7. (2007)
  • Fukunaga K, Muller D, Ohmitsu M, Bakó E, DePaoli-Roach AA, Miyamoto E. Decreased protein phosphatase 2A activity in hippocampal long-term potentiation. E.J Neurochem. 74(2):807-17. (2000)
  • Ohmitsu M, Fukunaga K, Yamamoto H, Miyamoto E. Phosphorylation of Myristoylated Alanine-rich Protein Kinase C Substrate by Mitogen-activated Protein Kinase in Cultured Rat Hippocampal Neurons following Stimulation of Glutamate Receptors. J Biol Chem. 274(1):408-17. (1999)

古 賀

  • Analysis of the physical assessment education in 4 annual business training prior study 4年次実務実習事前学習におけるフィジカルアセスメント教育の解析,安藤伸一郎、栫福美、重光美希、古賀多津子、小武家優子、大光正男、湯川栄二、吉武毅人. Annual Report Daiichi University of Pharmacy.(2014)
  • 面分業薬局における問題点(4)~後発医薬品使用量の推移と「後発変更可」処方箋~,前田共秀、古賀多津子、上田由紀、中尾㤗史.九州山口薬学会報 62、49-54(2008).
  • 面分業薬局における問題点(3)~後発医薬品使用量の推移~,古賀多津子、前田共秀、上田由紀、中尾㤗史,九州山口薬学会報 60、59-63(2006).
  • 面分業薬局における問題点(2)~後発医薬品の使用状況~,八尋由紀、古賀多津子、前田共秀、中尾㤗史,九州山口薬学会報 59、47-51(2005).
  • 面分業薬局における問題点(1)~面分業薬局での疑義照会~,前田共秀、古賀多津子、八尋由紀、中尾㤗史,九州山口薬学会報 59、39-45(2005).

鎌 内

  • Migita K, Moriyama T, Koguchi M, Honda K, Katsuragi T, Takano Y, Ueno S. Modulation of P2X receptors in dorsal root ganglion neurons of streptozotocin -induced diabetic neuropathy. Neurosci Lett. 452(2):200-3. (2009)
  • Fujita F, Uchida K, Moriyama T, Shima A, Shibasaki K, Inada H, Sokabe T, Tominaga M. Intracellular alkalization causes pain sensation through activation of TRPA1 in mice. J Clin Invest. 118(12):4049-57. (2008)
  • Sakurada T, Komatsu T, Moriyama T, Sasaki M, Sanai K, Orito T, Sakurada C, Sakurada S. Effects of intraplantar injections of nociceptin and its N-terminal fragments on nociceptive and desensitized responses induced by capsaicin in mice. Peptides. 26(12):2505-12. (2005)
  • Moriyama T, Higashi T, Togashi K, Iida T, Segi E, Sugimoto Y, Tominaga T, Narumiya S, Tominaga M. Sensitization of TRPV1 by EP1 and IP reveals peripheral nociceptive mechanism of prostaglandins. Mol Pain.17;1:3. (2005)
  • Tominaga M, Numazaki M, Iida T, Moriyama T, Togashi K, Higashi T, Murayama N, Tominaga T. Regulation mechanisms of vanilloid receptors.Novartis Found Symp. 261:4-12 (2004)
  • Dai Y, Moriyama T, Higashi T, Togashi K, Kobayashi K, Yamanaka H, Tominaga M, Noguchi K. Proteinase-activated receptor 2-mediated potentiation of transient receptor potential vanilloid subfamily 1 activity reveals a mechanism for proteinase-induced inflammatory pain. J Neurosci. 24(18):4293-9. (2004)
  • Moriyama T, Iida T, Kobayashi K, Higashi T, Fukuoka T, Tsumura H, Leon C, Suzuki N, Inoue K, Gachet C, Noguchi K, Tominaga M. Possible involvement of P2Y2 metabotropic receptors in ATP-induced transient receptor potential vanilloid receptor 1-mediated thermal hypersensitivity. J Neurosci. 23(14):6058-62. (2003)
  • Sakurada T, Matsumura T, Moriyama T, Sakurada C, Ueno S, Sakurada S. Differential effects of intraplantar capsazepine and ruthenium red on capsaicin-induced desensitization in mice. Pharmacol Biochem Behav. 75(1):115-21. (2003)