新着情報

分子生物学分野の岡﨑 裕之助教が「日本動物実験代替法学会優秀ポスター賞」を受賞しました

2016-11-24

本学 分子生物学分野の岡﨑 裕之助教が、「日本動物実験代替法学会優秀ポスター賞」を受賞し、11月

18日に行われた第29回日本動物実験代替法学会にて表彰されました。

 

本学会では、動物実験の3Rsの推進と普及のため、代替法の最先端の研究成果をはじめ、代替法に関わる

理論、技術、研究対象などについての最新の成果を発表討論することを目的としています。その中で、特に

優れた研究内容とその発表方法として、審査員の評価を受けた研究に対し優秀ポスター賞が贈られます。

 

岡﨑助教の受賞研究「乳がん幹細胞を標的とした制がん戦略:エキソメチレン化合物を用いたin vitro試験と

その応用の可能性」は、植物由来の化合物である(−)-xanthatinが乳がん/乳がん幹細胞に対する有効性を

示すことを明らかにし、高い評価を受けました。

 

授賞式の様子