新着情報

第一薬科大学は福岡市南区との包括連携協定を締結しました

2016-12-10

第一薬科大学は、平成28年12月9日(金)に福岡市南区役所において「福岡市南区大学連絡会構成校と福岡市南区との連携に関する協定書」に調印しました。調印式には都築仁子学長が出席し、協定書に署名を行いました。

さらに、第一薬科大学と南区は(1)医療薬学に関すること(薬物乱用防止、災害時医薬品支援など)(2)健康増進に関すること(未病の治、食習慣、公衆衛生指導など)(3)生涯学習に関すること(薬剤師向け公開講座、薬に関する講演会及び出前講座など)の3項目について覚書を締結しました。調印式後、都築仁子学長は、「薬に関することは、56年の歴史を有する第一薬科大学にお任せ下さい。これからは区からの要請にこたえるだけでなく、大学や学生からも積極的に地域に発信していきたい。」とコメントし、第一薬科大学の特徴を生かした地域貢献について強い姿勢を示しました。

 

南区の各大学学長と南区長

(左側から二人目:都築仁子 学長、中央:細川浩行 南区長)

左側:細川浩行 南区長  右側:都築仁子 学長