新着情報

飯塚市と連携に関する協定の調印式を行いました

2019-01-31

平成31年1月29日(火)、飯塚市役所において飯塚市と連携に関する協定調印式を行いました。パートナーシップに基づく連携のもと、相互発展に寄与することを目的として、約2年にわたる協議を経て締結する運びとなりました。同様の内容で福岡市南区と包括協定を結んでいるものの、市と単独で本学が協定を結ぶのは今回が初めてとなります。
今回の合意内容は、「飯塚市と第一薬科大学が有する様々な資源(人材、知的財産、施設等)の相互活用」、「飯塚市と第一薬科大学の協働事業の実施」、「災害時における支援」、「その他飯塚市と第一薬科大学で合意された事項の実施」の4項目です。 調印式には、飯塚市の片峯誠市長(第一薬科大学1982年卒、18回生)、本学からは 都築仁子学長が参加し、協定書への署名、記念撮影、代表挨拶等を行いました。
第一薬科大学は、平成29年には漢方診療科としての高い実績をもつ飯塚病院との間に「教育・研究・研修等の交流に関する協定」を締結しており、これを機に連携拡大を図ろうと飯塚市との協定を結ぶこととなりました。

 

≪協定書への署名≫ ≪記念撮影≫ ≪代表挨拶≫ ≪記念品を前に≫ ≪記者会見の様子≫