新着情報

学校法人久留米工業大学 祐誠高等学校と高大連携協定を締結しました

2021-03-11

令和3年3月10日(水)、第一薬科大学において学校法人久留米工業大学 祐誠高等学校と高大連携協定を締結しました。


今回の合意内容は、高等教育・大学教育の活性化を目的に、大学の薬学、看護等の実験実習・講義への高校生の受入れ、大学教員による感染症対策及び薬物乱用防止講演会の実施、教育課程やSDGs等についての相互の研究及び交流、本学学生(薬学部・看護学部)による高校生へのキャリア支援等です。


調印式には、祐誠高校から赤岩晃一校長、中村敬祐教頭、石橋一也普通科長、生野守昭普通科ドリームコース長及び小場友弘進路指導部(普通科担任)の先生方が、本学からは都築仁子学長、櫻田司副学長、小松生明薬学部長及び松尾和俊神祇室長が参加しました。


祐誠高等学校は、1962年久留米工業高等学校として開校し、久留米工業大学附属高等学校(1976年改称)を経て、2005年から現在の名称になっています。
同校は、普通科と工業科の2つの学科があり、「ドリームコース」や「のりもの未来科航空ビジネスコース」を新設する等、現代社会に適応できる人間力の育成カリキュラムを実践されている他、部活動においても全国大会や世界大会において輝かしい実績を誇っております。


締結式に先立ち、本学の薬学部実習棟と看護学部棟をご視察され、今後の連携の資としていただきました。

 

≪協定書へのサイン 左側:赤岩校長、右側:都築学長≫ ≪ 高大連携協定の締結 ≫ ≪ 調印式参加者の記念撮影 ≫ ≪ 代表者によるCollaboration Cake Cut ≫