教育・研究活動教員紹介

西田 和子

西田 和子NISHIDA Kazuko

看護学部 看護学科/地域看護学領域

  • 学位

    保健学修士

  • 免許等

    保健師、助産師、看護師

  • 研究分野

    地域・在宅看護学

業績

  • (著書)
    1. ステファン・コンズ、ステーブン・ジョンソン著:宇土博,瀬尾明彦(監修);西田和子(分担翻訳):Work Design(ワークデザイン),労働科学研究所出版,第11章エラーの低減,pp222-240,2013.5

  • (論文)
    1. 西田志保、西田和子:新人訪問看護師の職業アイデンテテイに関連する要因;日本在宅ケア学会誌19巻2号,pp51-58,2016.3

    2. 山口淑恵,石竹達也,西田和子:地域包括支援センター三職種の職業性ストレスとバーンアウトとの関連;純真学園大学雑誌,第4号,pp107-116,2015.3

    3. 山中富、西田和子,酒井太一,佐藤祐佳,西谷美鈴,清水知子:初産婦の産後うつ関連要因の検討;久留米医学会誌75巻3号,pp116-127,2012.4

  • (学会発表)
    1. Shiho Nishida, Kazuko Nishida:Factors Related to Nursing Professional Identity of Novice Home Health Care Nurses in Japan; AAOHN(American Association of Occupational Health Nursing) The 2nd Global Summit,2014,Texas USA

    2. Kazuko Nishida, Yoshiko Adachi, Kazumi Iyonaga: Support for care to improve Mental Health in the IT Workplace; The 30th ICOH,2012, Cancun Mexico

    3. 山口叔恵,石竹達也,西田和子:地域包括支援センター職員の職業性ストレスと更年期症状;第71回日本公衆衛生学会,2012,(山口市)

  • (競争的資金獲得状況)
    1. 平田伸子(代表)西田和子(分担)「特定妊婦等ハイリスク母児への支援力向上のための看護職再教育プログラムの構築」令和2年―令和4年 基盤研究C

  • (社会貢献)
    1. 「健康くるめ21」計画推進協議会委員(2012―2018.3)

    2. International Congress on Occupational Healthの Scientific Committee of Occupational Health Nursing Executive Member;ICOHの中の SCOHN産業看護科学委員会の役員(2009-2018.5)

    3. Journal of Occupational Healthの編集委員(2011―2017)

    4. 学術雑誌「産業衛生学」の編集委員 (2011―2017)

    5. 大川市介護認定審査委員(2001―2007)

(学生に向けてのメッセージ)

保健師、助産師としての臨床経験を踏まえ、大学の教員として30年以上教育に携わってきました。臨床経験、教育経験を通してライフステージのほとんど全てに関わってきた中から、看護の対象である人、家族を統合的に捉えるお伝いができたらと思っております。

Link関連リンク

  • 薬学部 薬学科
  • 薬学部 漢方薬学科
  • 看護学部 看護学科
  • 大学案内
  • キャンパス・学生生活
  • 受験生応援サイト