大学案内

教育目標・研究目標

第一薬科大学が目指す薬剤師教育

 第一薬科大学は、薬学科および漢方薬学科の2学科で構成され、建学の精神に基づいてそれぞれの学科に
おける教育目標と研究目標を定めています。

 

教育目標
薬学科:

①「惻隠の情」を持つ薬剤師の養成

②実践的能力を持つ薬剤師の養成

③創造的な薬剤師の養成

④薬の専門家として医療の各分野に対応できる知識・技能・態度と豊かな人間性、倫理観を備えた実践能力の高い薬剤師の育成

 

漢方薬学科:

①「惻隠の情」を持つ薬剤師の養成

②実践的能力を持つ薬剤師の養成

③創造的な薬剤師の養成

④薬の専門家として医療の各分野に対応できる知識・技能・態度と豊かな人間性、倫理観を備えるとともに、日本独自の伝統医学である漢方に精通したた実践能力の高い薬剤師の育成

 

研究目標(学科共通)

①個性と創造性のある研究の推進

自由な発想に基づく独創的な学術研究を進展させ、医療および薬学分野における高度な専門知識・技術・技能の発展に貢献する。

②基礎から応用に至るまでの研究推進

多様な社会からの要請に基づく医療および薬学分野における基礎的研究および臨床応用研究を推進し、医療・福祉の増進に貢献する。

③地域社会や国際交流を視野においた研究の推進

地域社会や国際社会からの要請に応えるために、国内外の医療機関、研究機関と協同し学術連携、人的交流を通じて研究を推進し、医療および薬学の進展に貢献する。