新着情報

第一薬科大学が実施したオンライン配信による薬物乱用防止教室が薬事新報に掲載されました

2020-07-16

第一薬科大学は、「薬物乱用防止教室」を福岡県立宇美商業高校に向けて7月2日(木)にライブ配信を行いました。第一薬科大学では「高校生のための薬物乱用防止教室」を平成30年度からスタートし、今年で3年目となります。これまで行って来た対面形式の薬物乱用教室では、約500人の高校生が体育館や講義室に集まり3密を避けることが難しいため、集団感染の発生が懸念されます。そこで感染拡大を防止するための緊急措置として、薬物乱用防止教室をライブ配信により実施することにいたしました。そのことが、薬事新報 7月2日号(3156号)に掲載されました。
また、第一薬科大学は福岡県教育委員会、福岡県私学協会、福岡市教育委員会の承諾を得、大学周辺の福岡市南区の小中学校40校、福岡市内の高校50校に消毒用エタノールとマスク4,500枚の寄贈をいたします。そのことが、薬事日報(6月29日)に掲載されました。