新着情報

令和2年7月豪雨で被災された民家の災害ボランティア活動を行いました。

2020-07-20

7月17日(金)新入生4名(薬学部2名、看護学部2名)と教職員8名で久留米市社会福祉協議会の災害ボランティアセンターの活動に参加しました。活動場所は久留米市善道寺町の被災(床上浸水)された民家でした。被災民家の床下に溜まった泥水は岡山から参加した1人のボランティアが対応されていました。私たち第一薬科大学ボランティア同好会は家の周りの泥を土のう袋に詰めて指定された場所に搬送する泥出し作業を行い作業は完了しました。今回の災害ボランティアは新型コロナウィルス感染症対策を行いながらでの約半日の作業でしたが、被災者の身になって活動を無事に終えることができました。

 

 

今後も大学全体に情報発信して引き続き各種のボランティア活動に参加していきます。ご支援のほどお願いいたします。

 

ボランティア同好会