大学案内3つの方針(ポリシー)

  1. HOME
  2. 大学案内
  3. 3つの方針(ポリシー)

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

第一薬科大学(以下「本学」という)は、本学の建学の精神「個性の伸展による人生練磨」を基本理念とし、 本学の教育課程を修得したうえで、以下の項目を満たす学生に卒業を認定し、学位を授与する。

  • 薬学部

    薬学部は、本学の建学の精神「個性の伸展による人生錬磨」を基本理念とし、本学の教育課程を修得したうえで、以下の項目を満たす学生に卒業を認定し、学位を授与します。

    • 薬学科、漢方薬学科
      1. 全科共通のカリキュラムの履修を通して、薬学専門領域の知識を習得すると同時に、自然や人間・社会を深く理解することができる豊かな教養と倫理を身に付けている。
      2. 6年間の「講義」、「演習」や「実習」での学びを通して、高度化・専門化する医療に対応できる論理的思考力と課題解決能力を身に付けている。
      3. 人々の健康増進、公衆衛生の向上に貢献するために、薬の専門家として必要な実践的能力を身に付けている。
      4. ①~③に加え、薬学科においては、臨床医学に関する知識・倫理観を身に付けている。漢方薬学科においては、漢方医学に関する知識・倫理観を身に付けている。
    • 薬科学科
      1. 態度
        医療分野を中心とする課題を、数理的・分析的に、または経営学的に解決しようとする態度と志向性を有し、社会に貢献することへの高い意識を有している。
      2. 知識
        薬の基本知識に加え、データサイエンス領域、または医療ビジネス領域における幅広い知識を身につけている。
      3. 技能
        医療従事者等と適切なコミュニケーションを図りながら、医療分野を中心とする多様な領域に対応できる実践的能力を習得している。
      4. 自己研鑽
        習得した知識や実践的能力を更に磨き上げる。薬学、医療、及び社会の進歩に資する教育と研究を遂行する意欲を維持し、問題発見・解決能力を向上させることができる。
  • 看護学部

    看護学部は、保健・医療・福祉を取り巻く社会情勢に対し、看護専門職者として人々の健康を支援するために、以下のような能力を身につけ、かつ所定の単位を修めた者に対し学士(看護学)の学位を授与します。

    • 看護学科
      1. 知識・態度
        幅広い教養と看護の専門的知識を基盤に看護の責任と役割および自律性を認識し、看護職者として職業倫理に基づく良識ある看護を実践することができる。
      2. 技能
        あらゆる健康レベルの看護対象を理解し、薬物療法に関する正しい知識を用いて、科学的根拠に基づく基礎的な看護を実践することができる。
      3. 保健医療福祉活動
        多様な看護の場において多職種と連携・協働し、地域の保健・医療・福祉の課題に貢献することができる。
      4. 調整力
        看護の専門性と役割を認識した調整力を発揮するためのリーダー的能力の素地を身に付けている。
      5. 自己研鑽
        専門職業人として、医療の進歩や社会の動向を踏まえ、看護実践能力向上のために継続的に研鑽する基礎的能力を身に付けている。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

  • 薬学部

    第一薬科大学(以下「本学」等)は、本学の建学の精神「個性の伸展による人生練磨」を基本理念とし、薬学教育モデル・コアカリキュラム等に準拠しながら、以下の方針で教育課程を編成します。これら教育課程の実施にあたっては学生の能動的学修を促す授業を導入します。教養科目、専門科目及びその他必要とする科目を体系的に編成し、講義、演習、実習を適切に組み合わせた授業を開講します。

    • 薬学科、漢方薬学科
      1. 豊かな教養と人間性を醸成する教養教育・倫理教育科目を配置します。
      2. 薬剤師として必要な知識、技能を醸成するために、薬学基礎、衛生薬学、医療薬学および薬学臨床に関わる専門教育科目を配置します。
      3. 問題発見能力、問題解決能力、プレゼンテーション能力を醸成し自己研鑽できる専門教育科目(実習・研究科目)を配置します。
      4. 薬剤師として様々な医療現場で活躍できる能力を醸成する専門教育科目(アドバンスト科目)を配置します。
      5. それぞれの学科においては、①~④の共通科目に加え、以下の学科独自の科目を配置します。

      薬学科: 臨床医学(医療・健康・介護・ターミナルケア等)に関する発展的な知識・倫理観を養う専門教育科目(本学独自科目)を配置します。

      漢方薬学科: 西洋薬全般の知識を基盤とした上で、漢方調剤の実践能力と漢方処方の解析能力を養うために、漢方の基礎から応用に関する知識・技能を醸成する専門教育科目(本学独自科目)を配置します。

    • 薬科学科
      1. 豊かな教養と人間性を醸成する教養教育・倫理教育科目を配置します。
      2. 医薬品や機能性素材などの医療薬学の素養を有する人材を育成するために、薬学に関する基礎的な 知識を培う専門教育科目を配置します。
      3. データサイエンティストとなる医療データに関する知識や次世代に通用する医療経営に関する専 門知識を修得する専門教育科目を配置します。
      4. 医薬品をはじめとする化学物質の性質を科学的に理解するために必要な知識と技能を修得できる実習科目を配置します。
  • 看護学部

    本学は、本学の建学の精神「個性の伸展による人生錬磨」を基本理念とし、以下の方針で教育課程を編成します。これら教育課程の実施にあたっては学生の能動的学修を促す授業を導入します。教養科目、専門科目及びその他必要とする科目を体系的に編成し、講義、演習、実習を適切に組み合わせた授業を開講します。

    • 看護学科
      1. 豊かな人間性と幅広い教養とリーダーシップ能力の素地を培うための教養・基礎分野の科目を配置する。
      2. 看護の対象としての人間の健康と疾病を理解し、根拠に基づいた看護実践能力を育成するために専門支持分野、基礎看護学分野、専門実践分野の科目を配置する。
      3. 看護専門職として多様な分野で多職種と連携協働する力を養うために、地域基盤教育科目、領域横断展開科目を配置する。
      4. 看護の視点で薬物療法をとらえ専門的援助ができる能力を育成するために薬学に関する科目を配置する。
      5. 将来にわたり継続的に看護を探求し、自己研鑽をしていくための基礎的能力を養うための看護統合分野の科目を配置する。
      6. 保健師教育課程、助産師教育課程を履修できる選択科目を配置する。

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

  • 薬学部

    第一薬科大学(以下「本学」という)は、本学の建学の精神「個性の伸展による人生練磨」を基本理念とし、薬剤師または看護師を嘱望する学生を受入れ、国内外を通じてチーム医療や地域社会に貢献できる医療人の育成を心がけています。そのため、次のような学生を受入れます。

    • 薬学科、漢方薬学科
      1. 高等学校教育課程の科目を幅広く習得しており、理科系科目(化学、数学、物理、生物)の基礎的な知識を身に付けている。
      2. 思いやりと協調性をもち、将来の医療人として、患者ならびに医療関係者などと適切にコミュニケーションできる素養を有している。
      3. 薬学および医療の進歩に貢献したいという熱意がある。
      4. ①~③に加え、薬学科においては、薬学に求められる幅広い知識と技能を習得し、人々の健康維持・増進ならびに医療に貢献したいという目的意識を有している。漢方薬学科においては、日本独自の伝統医学である漢方に関わる薬学の知識と技能を修得し、医療の現場で実践したいという目的意識を有している。
    • 薬科学科

      第一薬科大学は、本学の建学の精神「個性の伸展による人生練磨」を基本理念とし、データサイエンス領域または医療ビジネス領域での活躍を嘱望する学生を受入れ、国内外を通じて医療データを駆使した医療科学分野または医療ビジネスに貢献できる人材の育成を心がけています。そのため、次のような学生を受入れます。

      1. 高等学校教育課程の科目を幅広く習得しており、国語、外国語、及び理科系科目(化学、 数学、物理、生物)の基礎的な知識を身に付けている。
      2. 物事を論理的に考察できる能力を有している。
      3. 自分の考えを的確に表現し、伝達できる能力を有している。
      4. 人々の健康を守ることを通じて、社会に貢献しようとする志を有している。データサイエンス領域、または医療ビジネス領域の知識や経験を習得したいという明確な目的意識と意欲がある。
  • 看護学部

    看護学部は本学の建学の精神を理解し、看護を通して地域社会に貢献できる、幅広い教養と豊かな人間性のある人材を育てることを目指します。そのために、以下に示す能力、意欲、適性を持った学生を受け入れることを基本として入学者選抜を行います。

    • 看護学科
      1. 看護職者への明確な目的意識をもち、看護を通して地域医療に貢献しようという意欲を持っている。
      2. 専門的知識・技術の修得に必要な基礎学力を有している。
      3. 多様な人とコミュニケーションをとることができる。

大学院 薬学研究科 3つの方針(ポリシー)

Link関連リンク

  • キャンパス・学生生活
  • 教育・研究活動
  • 受験生応援サイト