1. HOME
  2. 学部・大学院
  3. 【薬学部】薬学科

MESSAGE薬学科長メッセージ

入倉 充 教授

きめ細やかな指導で実践能力の高い薬剤師へ。

本学は1960年に創立し、これまでにおよそ1万5千名の卒業生を輩出してきました。少人数担任制で学生一人ひとりにきめ細かい指導ができるのが本学の強みです。学習支援の教員や施設も充実しています。薬学科の目標は薬の専門家として医療の各分野に対応できる知識・技能・態度、そして豊かな人間性や倫理観を備えた実践能力の高い薬剤師の育成です。仲間とともに学び、共に育ち、未来の自分を切り拓いていきましょう

博士(薬学)入倉 充 教授

FEATURES教育の特徴

めざすは創造的な薬のゲートキーパー。

本学科がめざすのは創造的な薬剤師です。言い換えれば、一人の患者さんに起こる可能性のある医薬品反応を予測できる薬剤師です。本学科で学ぶ学生に覚えておいてほしいのは医薬品は病気の治療や予防など、望ましい働きをし人々の健康に貢献する一方で、使い方次第では毒にもなる危険性があるという事実です。サリドマイド事件やソリブジン事件など、様々な薬害によって多くの被害者が出たという過去を忘れてはいけません。薬剤師は医薬品による健康被害を防ぐ「ゲートキーパー」なのです。本学科では目の前の患者さんを救うため、医薬品の効果を最大限に引き出し健康被害を防ぐ教育を徹底します。志ある仲間とともに、医療安全に貢献できる創造性豊かな薬のゲートキーパー=薬剤師をめざしましょう。

教育の特徴
薬剤師の役割

チーム医療が主流の今、
薬剤師の役割が広がっています。

医療行為はこれまでの医師主導型から医師、看護師、薬剤師などが一丸となって治療にあたるチーム医療が主流となっています。各スタッフがそれぞれの専門的知識を活かして積極的に治療に参加し治療効果を高める。これがチーム医療の目的です。薬剤師が持つ知識にかかる期待値も高まっています。

特色ある科目

  • 【臨床心理学】

    薬剤師は、スタッフ間のコミュニケーションはもとより、患者やその家族と適切なコミュニケーションをとる力が求められます。患者の疑問に答え、不安を和らげるなどのメンタルケアに必要となる臨床心理学の知識と技術を身につけ、患者に寄り添うことの意味を学んでいきます。

  • 【健康管理学】

    健康管理学(予防医学)とは、健康の維持、疾病の早期発見・治療への早期介入を目的として行う様々な活動のことを意味します。健康や医療に関わる全ての者は、健康管理学を学び、人々の健康の維持に貢献することを目的に、幅広い知識を習得する必要があります。この科目では特に、環境の変化が人々の健康に与える影響、慢性疾患によるQOL(生活の質)、ADL(日常生活動作)の低下を予防する方法について解説します。

  • 【医薬品開発論】

    医薬品開発の基本的な手順と、考え方、開発プロセスについての基礎的知識を理解し、法規則、治験の倫理性・科学性に関する適切な態度及び生物統計の基礎的技能を修得します。また、治験における薬剤師・CRCの役割と治験に関する基本的知識とそれを実施する上で求められる適切な態度と知識を修得します。

薬学部
薬学科6年
西村 侑記 さん
  • 第一薬科大学を選んだ理由は何ですか?

    私の周りに医療従事者が多かったことと、身近な人の病気をきっかけに薬剤師を目指すようになりました。第一薬科大学を選んだのは、実家から近かったからというのもありますが、大学で生活しているほとんどの学生が、薬剤師という一つの目標に向かって日々努力しているため、皆で励ましあいながら勉学に勤しむことができると思ったからです。

  • 現在、どのような大学生活を送っていますか?

    現在は、それぞれ自分の興味のある研究室に配属され、私は薬学教育全般を研究対象としている研究室に所属しています。6年生になり、最近は友人たちと共に国家試験を意識した勉強をはじめました。低学年の頃から積み重ねてきた知識が繋がり、振り返って見てみると「こういうことだったのか…」と感じることが多く、以前はよく理解できなかったことが今となっては理解できることもあって、楽しみながら勉強しています。

  • 薬学の勉強を通して、
    医療に対する考え方は変わりましたか?

    大きく変わりました。薬について学んでいくうちに、飲み合わせの悪い組合せがたくさんあることや、どんな薬にも副作用が付き物であることを知り、人の命を預かる職種であることの責任をより感じるようになりました。5年次の実務実習も、実際に薬局と病院、それぞれの薬剤師としての業務を経験することで、考え方が大きく変わるきっかけになったと思います。

  • 将来どのようなビジョンを描いていますか?

    将来は、患者はもちろん、その家族の方々にも寄り添うことのできる薬剤師になりたいと思っています。多くの症例に触れていく中で、自分の興味のある分野を見つけ、専門薬剤師の資格も取得したいです。また、私は語学にも興味があるため、日本だけでなく海外の薬剤師免許の取得もしてみたいと考えています。

  • 受験生にメッセージをお願いします。

    大学生は、自由である一方、高校生の時までのように誰かが「これをしなさい、あれをしなさい」と教えてくれることはほとんどありません。ですが、自ら行動を起こすことができたら、自分次第で何でもすることができます。第一薬科大学の先生方は、学生のことを一番に考えてくださる方しかいません。そんな先生方を良い意味でたくさん利用して、頼ってみてください。受験勉強はとても大変だと思いますが、それを乗り越えたら楽しい大学生活が待っています!頑張ってください!

MOVIES動画で見る薬学科

  • 薬学部学部長に迫る

  • 薬学部概要説明

Link関連リンク

  • 入試情報
  • 入試情報
  • 受験生応援サイト
  • キャンパス・学生生活
  • 教育・研究活動
  • 就職支援