教育・研究活動教員紹介

廣村 信

廣村 信HIROMURA Makoto

薬学部 薬学科/分子生物学分野

  • 学位

    博士(薬学)

  • 所属学会

    日本生化学会、日本薬学会、日本微量元素学会

  • 専門分野

    生化学、分子生物学

  • 研究テーマ

    メタボリックシンドロームにおける亜鉛の役割とその制御機構

業績

  • (著書)
    1. 放射化学の事典 海老原 充・永目論一郎 編集 日本放射化学会 編(IX章13項 ラジオイムノアッセイ 執筆)朝倉書店(2015年9月20日発刊)

    2. 最新栄養学[第10版] —専門領域の最新情報— 木村修一・古野純典 翻訳監修 小川佳宏・桑田有・駒井三千夫・武田英二・徳留信寛・伏木亨・渡邉寿明 翻訳編集 (17章チアミン 共訳 田鶴谷(村山)恵子・廣村 信・山元誉子)建帛社(2014年5月30日発刊)

    3. ミネラルの科学と最新応用技術(株)シーエムシー出版(2008年4月18日発行)糸川嘉則 監修;分担執筆;榎本秀一, 廣村信, 五十嵐香織 第6編第2章「ミネラルのイメージング技術」

    4. 生命元素事典 (株)オーム社(2006年3月20日発行) 桜井 弘(編);分担執筆:廣村信第1章6項「生命元素の体内および細胞内輸送」、第2章2項6「マンガン」

    5. 生体微量元素—その一般的概念と最近の話題—現代化学(東京科学同人)(2001年3月発行)廣村信, 桜井 弘

  • (原著論文)
    1. The cardiac molecular setting of metabolic syndrome in pigs reveals disease susceptibility and suggests mechanisms that exacerbate COVID-19 outcomes in patients. Ziegler O, Sriram N, Gelev V, Radeve D, Todorov K, Feng J, Selke FW, Robson SC, Hiromura M, Alexandrov BS, and Usheva A. Sci Rep. 11, 19752 (2021)

    2. Methionine is a key regulator in the oneset of atopic dermatitis in NC/Nga mice. Koga T., Hirayama F., Satoh T., Ishii Y., Kashige N., Hiromura M., Soeda F. and Toda A. BPB Reports 4, 47-54 (2021)

    3. Visualization of biodistribution of Zn complex with antidiabetic activity using semiconductor Compton camera GREI. Munekane M., Motomura S., Kamino S., Ueda M., Haba H., Yoshikawa Y., Yasui H., Hiromura M. and Enomoto S. Biochem., Biophys. Rep. 5, 211-215 (2016)

    4. A new paradigm for transcription factor TFIIB functionality. Gelev V, Zabolotny JM, Lange M, Hiromura M, Yoo SW, Orlando JS, Kushnir A, Horikoshi N, Paquet E, Bachvarov D, Schaffer PA, Usheva A. Sci Rep. 4, 3664 (2014)

    5. Development of new zinc dithiosemicarbazone complex for use as oral antidiabetic agent. Kdowaki S, Munekane Y, Kitamura Y, Hiromura M, Kamino S, Yoshikawa Y, Saji H, Enomoto S. Biol. Trace Elem. Res. 154, 111-119 (2013)

    6. Essential role of the Zinc transporter ZIP9/SLC39A9 in regulating the activations of Akt and Erk in B-cell receptor signaling pathway in DT40 cells. Taniguchi M, Fukunaka A, Hagihara M, Watanabe K, Kamino S, Kambe T, Enomoto S, Hiromura M. PLOS ONE, 8, e58022 (2013)

  • (学会発表)
    1. 山下 功介、井本 一希、竹本 香織、江口 稜太郎、片岡 裕美、廣村 信、田鶴谷(村山)惠子、嫌気的条件下におけるチアミン・ピリミジン部の生合成. 日本ビタミン学会 73回大会、2021.6、東京

    2. 古賀 貴之、廣村 信、宋 穎霞、石井 祐次、石田 卓巳、小武家 優子、副田 二三夫、戸田 晶久、セレン結合性タンパク質1 (Selenbp1) のアレルギー性皮膚炎重症化への寄与の検討. 日本薬学会年会第141年会 2021. 3、広島.

    3. 有馬 諒、高城 慶泰、廣村 信、林麻 利亜、野坂 和人、田鶴谷(村山)惠子、アーキアにおけるビタミンB6 の生合成経路、日本ビタミン学会 72回大会、2020.9、名古屋.

    4. 古賀 貴之、廣村 信、石井 祐次、副田 二三夫、戸田 晶久、メチオニン代謝産物によるアレルギー性皮膚炎抑制作用の検討. 日本薬学会年会第140年会 2020. 3、京都.

    5. 廣村 信、左藤 悠、古賀 貴之、副田 二三夫、戸田 晶久、田鶴谷(村山)恵子、IL-6 誘導 JAK-STAT 経路における亜鉛錯体の作用.  日本薬学会年会第140年会 2020. 3、京都.

  • (特許出願・取得)
    1. 名称: Akt 活性特異的抑制ポリペプチド 特許番号:特許第4819321号 (2011年9月9日 登録) 発明者:野口昌幸、岡田太、廣村

    2. 名称: Akt 活性特異的抑制ポリペプチド 国際出願番号:PCT/JP2004/018646 国際公開番号:WO 2005/056594 A1(2005年6 月23日公開)発明者:野口昌幸、岡田太、廣村

  • (社会貢献)
    1. 高校生サイエンス研究会 審査委員

Link関連リンク

  • 薬学部 薬学科
  • 薬学部 漢方薬学科
  • 看護学部 看護学科
  • 大学案内
  • キャンパス・学生生活
  • 受験生応援サイト