教育・研究活動教員紹介

炬口 眞理子

炬口 眞理子TAKENOKUCHI Mariko

薬学部 薬学科/分子生物学分野

  • 学位

    博士(医学)

  • 免許・資格

    薬剤師、臨床検査技師

  • 所属学会

    日本血液学会、日本検査血液学会、日本臨床検査医学会

  • 専門分野

    血液学

  • 研究テーマ

    ・個別化診断に向けた分子標的薬バイオマーカーの探索
    ・造血器疾患の遺伝子検査に関する研究

業績

  • (著書)
      1. 学校保健. 西郷勝康、炬口真理子. 近大姫路大学姫路. 2011
      1. 公衆衛生学Ⅰ. 西郷勝康、炬口真理子、川井眞好、柳澤振一郎. 近大姫路大学姫路. 2010
      1. 公衆衛生学Ⅱ. 西郷勝康、炬口真理子、川井眞好、柳澤振一郎. 近大姫路大学姫路. 2010
      1. 検査の手引き. 伊藤洋志、今西孝充、大藪智奈美、河本智子、岸本悦子、直本拓巳、炬口真理子、中町祐司、中本勲、縄知恵. 神戸大学医学部附属病院. 2000
  • (原著論文)
      1. Takenokuchi M, Matsumoto K, Nitta Y, Takasugi R, Inoue Y, Iwai M, Kadoyama K, Yoshida K, Takano-Ohmuro H, Taniguchi T. In Vitro and In Vivo Antiglycation Effects of Connarus ruber Extract. Planta Med. 2021. doi:10.1055/a-1690-3528.
    1. Kadoyama K, Takenokuchi M, Matsuura K, Shichiri H, Watanabe A, Yamaguchi H, Takahashi H, Takano-Ohmuro H, Taniguchi T. Therapeutic effects of shikonin on skin lesions in mouse models of allergic dermatitis and wound. Tradit Kampo Med. 2019. 6(2):62-70

    2. Takenokuchi M, Kadoyama K, Yoshida D, Takaki S, Yamamoto R, Saigo K, Taniguchi T. Evaluation of Absorbability of Macromolecular Substances in the Oral Mucosa and Skin using a Three-Dimensional Tissue Culture Model. Biol Med. 2018. 10(5): e1000448

    3. Ohbuchi A, Kono M, Takenokuchi M, Imoto S, Saigo K. Acetate moderately attenuates the generation of neutrophil extracellular traps (letter). Blood Res. 2018. 53(2):177-80

    4. Ohbuchi A, Kono M, Kitagawa K, Takenokuchi M, Imoto S, Saigo K. Quantitative analysis of hemin-induced neutrophil extracellular trap formation and effects of hydrogen peroxide on this phenomenon. Biochem Biophys Rep. 2017. Jul 24(11):147-53

    5. Kono M, Saigo K, Yamamoto S, Shirai K, Iwamoto S, Uematsu T, Takahashi T, Imoto S, Hashimoto M, Minami Y, Wada A, Takenokuchi M, Kawano S. Iron-chelating agent, deferasirox, inhibits neutrophil activation and extracellular trap formation. Clin Exp Pharmacol Physiol. 2016. Oct;43(10):915-20

    6. Nakamura T, Kurimoto S, Saigo K, Takenokuchi M, Taniguchi T, Honda G, Mitani K, Ishida Y, Ainai K, Kawaguchi S, Miura M, Nakamura S, Yamamoto A, Tsuda S, Sasaki Yu F. Genotoxicity-Suppressing Effect of a Connarus Ruber Cortex Aqueous Extract on DNA Damage in Smoker’s White Blood Cells: A Preliminary Study. J. Clin. Lab. Investig. Updates. 2016. 4;11-9

    7. Takenokuchi M, Miyamoto K, Saigo K, Taniguchi T. Bortezomib Causes ER Stress-related Death of Acute Promyelocytic Leukemia Cells Through Excessive Accumulation of PML–RARA. Anticancer Res. 2015. Jun;35(6):3307-16

    8. Saigo K, Mori C, Iwamoto S, Shirai K, Uematsu T, Takenokuchi M, Kono M, Imoto S. Recombinant thrombomodulin does not impair neutrophil functions (letter). J Thromb Thrombolysis. 2015. May;39(4):536-8

    9. Kono M, Saigo K, Takagi Y, Takahashi T, Kawauchi S, Wada A, Hashimoto M, Minami Y, Imoto S, Takenokuchi M, Morikawa T, Funakoshi K. Heme-related molecules induce rapid production of neutrophil extracellular traps. Transfusion. 2014. Nov;54(11):2811-9

  • (総説等)
    1. 大渕絢子、河野麻理、炬口真理子、井本しおん、西郷勝康. 鉄キレート療法の多彩な効果. 兵庫県医師会医学雑誌. 2018. 60(2):30-35

    2. 西郷勝康、炬口真理子、田窪孝行. MDSの血液生化学検査. 臨床検査. 2012. 56(12):1337-42

    3. 西郷勝康、礒野雪妃、炬口真理子. 骨髄異形成症候群の予後因子としての血小板関連指標の意義. Sysmex Journal. 2011. 34:22-8

    4. 西郷勝康、炬口真理子. 輸血後GVHD対策におけるプロテアーゼインヒビターの意義. Surgery Frontier. 2010. 17(2) :189-93

    5. 西郷勝康、炬口真理子、井本しおん. 臨床検査としての好中球機能と酸化ストレス. 臨床病理. 2008. 56:791-801

  • (学会発表)
    1. Takenokuchi M, Miyamoto K, Saigo K, Taniguchi T. Bortezomib causes ER stress-rrelated cell death in APL through excessive accumulation of PML-RARA. The 4th Biotechnology World Congress. Dubai, UAE, Feb 16-218, 2016.

    2. Takenokuchi M, Kadoyama K, Chba S, Sumida M, Matsuyama S, Saigo K, Taniguchi T. SJLB; an animal model for Alzheimer disease and L-dopa resistant parkinsonism in tauopathy. The 24th Biennial Meeting of the ISN/APSN Joint Meeting. Cancun, Mexico, April 20-24, 2013.

    3. Takenokuchi M, Miyamoto K, Saigo K, Taniguchi T. Evaluation of serum ubiquitin-conjugating enzyme E2 (UbcH8) as a biomarker for PML-RARA leukemia. The 74th Annual Meeting of the Japanese Society of Hematology. Kyoto, Japan, Oct 19-21, 2012

    4. Takenokuchi M, Kawano S, Nakamachi Y, Saigo K, Tatsumi E, Kumaga S. FLT3 gene mutations associated with an immature immunophenotype in PML-RARα leukemia. The 9th International Congress of the Asian Society of Clinical Pathology and Laboratory Medicine. Kobe, Japan, Oct 11-12, 2006.

    5. Takenokuchi M, Yasuda C, Takeuchi K, Nakamachi Y,Mukai M,Kondo S, Kumagai S, Saigo K,Murayama T, Koizumi T, Tatsumi E. Quantification of minimal residual disease in acute myelogenous leukemia with t(8;21) by nested PCR. The 18th International Congress of Clinical Chemistry and Laboratory Medicine. Kyoto, Japan, May 15-17, 2002.

  • (特許出願・取得)
    1. 谷口泰造、炬口眞理子、角山圭一.「疎水性物質包接剤およびそれを用いた疎水性物質の可溶化方法」日本公開特許公報(2020)Jp2016-113381

    2. 谷口泰造、角山圭一、炬口眞理子、千葉 俊明 澄田 美保.「非ヒトモデル動物を用いたパーキンソン症候群の検査方法」特許第5558049号 (平成26年6月26日)

  • (競争的資金獲得状況)
      1. 科学研究費補助金 令和3-5年度 基盤研究(C) (研究代表者)

      「多発性骨髄腫患者の初回治療薬を決定するバイオマーカーの同定と臨床的有用性の検討」

      1. 科学研究費補助金 平成28-30年度 基盤研究(C) (研究代表者)

      「M蛋白ユビキチン化に着目した多発性骨髄腫新規バイオマーカーの探索と臨床的有用性」

      1. 科学研究費補助金 平成27-29年度 基盤研究(C) (研究分担者)

      「好中球細胞外トラップ(NETs)の臨床検査医学的評価法の確立」

      1. 科学研究費補助金 平成26-28年度 基盤研究(C) (研究分担者)

      「ユビキチン化の高感度検出法の担癌マウスモデルでの有用性の検討」

      1. 兵庫県医師会勤務医事業 平成26年度 医学研究助成(研究分担者)

      「好中球細胞外トラップ(NETs)現象の検出法の確立」

      1. 科学研究費補助金 平成25-27年度 基盤研究(C)(研究代表者)

      「白血病新規マーカーとしての血清ユビキチン測定の有用性の検討」

      1. 兵庫県COEプログラム推進事業 平成24-25年度(研究分担者)

      「重篤疾患の病態解明・診断の迅速・簡易化を可能にするキットの開発 -白血病、乳癌、関節リュウマチ、パーキンソン病、アルツハイマー病の対応に向けて」

      1. 科学技術振興機構・研究成果最適展開支援事業 (A-STEP)・フィージビリティスタディステージ(探索タイプ)平成23年度(研究分担者)

      「血清中のユビキチン化の高感度検出法の開発」

      1. 神戸市・神戸医療・健康・福祉分野新規開発等推進補助金 平成23年度(研究分担者)

      「シコニンを用いた新規動物用クリームの開発」

      1. 科学技術振興機構・研究成果最適展開支援事業 (A-STEP)・フィージビリティスタディステージ(探索タイプ) 平成22年度(研究分担者)

      「生理活性反応測定装置を活用したユビキチン化の高感度検出法の開発」

      1. 科学研究費補助金 平19-20年度 基盤研究(C)(研究分担者)

      「幼若血小板を指標とした血小板輸血適正化に関する研究」

      1. 科学研究費補助金 平成16年度 奨励研究(研究代表者)

      「PPARγ リガンドによる t(14;18)B-ALL における増殖抑制効果」

Link関連リンク

  • 薬学部 薬学科
  • 薬学部 漢方薬学科
  • 看護学部 看護学科
  • 大学案内
  • キャンパス・学生生活
  • 受験生応援サイト