教育・研究活動教員紹介

副田 二三夫

副田 二三夫SOEDA Fumio

薬学部 薬学科/衛生化学分野

  • 学位

    博士(薬学)

  • 所属学会

    日本薬学会、日本排尿機能学会、日本薬理学会、環境ホルモン学会、北米神経科学会、日本神経精神薬理学会、老化促進モデルマウス(SAM)学会

  • 専門分野

    環境衛生学、薬理学、神経科学

  • 研究テーマ

    ・QOL改善薬、特に排尿障害治療薬・予防薬の開発に関する研究
    ・環境因子(エンリッチ環境・非麻薬性中枢性鎮咳薬)の脳に対する作用の解析

業績

  • (著書)
    1. 脳梗塞に伴う排尿障害のGIRKチャネル阻害作用をもつ薬物による改善作用-動物モデルでの検討. 高濱和夫, 山本巌, 門久大介, 白崎哲哉, 副田二三夫. 排尿障害プラクティス 16巻,3号 P206-211

    2. 脳内GIRKチャネルとくすり. 高濱和夫, 白崎哲哉, 副田二三夫, 山本巌. 脳 21 9巻,3号 P324-330

    3. Enriched Environmentは、認知症の予防・治療に有効か? 副田二三夫. ファルマシア 42巻,2号 P171

    4. GIRKチャネルは新薬開発のための標的分子になり得るか-新規排尿障害治療薬開発の可能性. 山本巌, 副田二三夫, 白崎哲哉, 高濱和夫. 日本薬理学雑誌 125巻,2号 P109

    5. 下垂体後葉ホルモンオキシトシンによる長期記憶の向上. 副田二三夫. ファルマシア 40巻,1号 P61-62

  • (原著論文)
    1. Micturition function of free moving BALB/c mice and their effects on rearing environment and neurogenesis inhibitor. Soeda F, Toda A, Masuzaki K, Honda A, Moriyama S, Tashiro A, Kimura I, Kudo S, Sato A, Hashimoto T, Wakayama K, Koga T, Kobuke Y, Takahama K. J Jpn Continence Soc. 2021 Sep;31(2):404-410.

    2. Effects of enriched environment on micturition activity in freely moving C57BL/6J mice. Soeda F, Toda A, Masuzaki K, Miki R, Koga T, Fujii Y, Takahama K. Low Urin Tract Symptoms. 2021 Jul;13(3):400-409.

    3. Methionine is a key regulator in the onset of atopic dermatitis in NC/Nga mice. Koga T, Hirayama F, Satoh T, Ishii Y, Kashige N, Hiromura M, Soeda F, Toda A. BPB Reports. 2021 Jan;4:47-54.

    4. Estimation of dietary intake and sources of organohalogenated contaminants among infants: 24-h duplocate diet survey in Fukuoka, Japan. Fujii Y, Poma G, Malarvannan G, Soeda F, Toda A, Haraguchi K, Covaci A. Environ Res. 2021 Apr;195:110745.

    5. Suplatast tosilate inhibited nicotinic single-channel currents in the paratracheal ganglia neurons of rats. Zhou JR, Shirasaki T, Soeda F, Takahama K. Austin J Pharmacol Ther. 2020 Dec 31;8(2):1125.

    6. Effects of tipepidine on MK-801-induced cognitive impairment in mice. Miki R, Honda I, Hamasaki R, Kawahara R, Soeda F, Shirasaki T, Misumi S, Takahama K. Brain Res. 2019 May 1;1710:230-236.

    7. Direct Potentiation of Capsaicin Current by Histamine and Its Effect by Suplatast on Rat Trigeminal Ganglia Neurons. Zhou JR, Shirasaki T, Soeda F, Yokomizo K, Takahama K. Pharmacology. 2018 May 16;102(1-2):37-41.

    8. Deletion of GIRK2 subunit containing GIRK channels of neurons expressing dopamine transporter decrease immobility time on forced swimming in mice. Honda I, Araki K, Honda S, Soeda F, Shin MC, Misumi S, Yamamura KI, Takahama K. Neurosci Lett. 2018 Feb 5;665:140-146.

    9. The effects of suplatast tosilate on acutely dissociated sensory and paratracheal ganglia neurons. Zhou JR, Shirasaki T, Soeda F, Takahama K. Am J Physiol Lung Cell Mol Physiol. 2016 Aug 26:ajplung.00451.

    10. Centrally acting non-narcotic antitussives prevent hyperactivity in mice: Involvement of GIRK channels. Soeda F, Fujieda Y, Kinoshita M, Shirasaki T, Takahama K. Pharmacol Biochem Behav. 2016 May;144:26-32.

  • (学会発表)
    1. エンリッチ環境飼育した閉経モデルマウスの排尿機能に対するチロシンヒドロキシラーゼ阻害薬AMPTの影響. 副田 二三夫、寺崎 史朗、阿部 瑞季、古賀 貴之、小武家 優子. 第29回日本排尿機能学会(R4年9月)

    2. 薬物誘発性閉経モデルマウスの加齢による排尿機能の変化と短期間のエンリッチ環境飼育の影響. 副田 二三夫、寺崎 史朗、阿部 瑞季、熊谷 碧、森山 柊樹、古賀 貴之、小武家 優子.

      フォーラム2022:衛生薬学・環境トキシコロジー(R4年8月)

    3. エンリッチ環境飼育マウスの排尿機能に対するテモゾロミドおよびPCPAの影響. 副田 二三夫、森山 柊樹、古賀 貴之、小武家 優子、戸田 晶久.

      第95回日本薬理学会年会(R4年3月)

  • (特許出願・取得)
    1. アルツハイマー治療薬(特許第6551671号)

    2. 排尿障害治療用配合剤(特開2017-197448)

    3. 疼痛における中枢機能改善薬(特許第6032561号)

    4. 統合失調症の陰性症状治療薬(特許第5858477号)

    5. 強迫性障害治療薬(特許第5850299号)

    6. 気分障害または感情障害の治療薬(特許第5266520号)

    7. 環境化学物質に起因する脳機能障害の機能改善薬(特許第5135619号)

    8. 注意欠陥・多動性障害の治療薬(特許第5109132号)

    9. 中枢機能改善薬(特開2012-062272)

    10. 排尿障害治療薬(特開2007-204366)

  • (競争的資金獲得状況)
    1. 新規モデル動物を用いた腹圧性尿失禁の画期的治療薬の開発基盤の構築(基盤研究

      C 代表 R4年度-R6年度)

    2. 女性の排尿機能障害、特に腹圧性尿失禁に対する新規治療標的の創出に関する基礎研究(基盤研究C 代表 H28年度-R元年度)

    3. GIRKチャネル標的の独創的・画期的な難治性脳疾患治療薬の開発(基盤研究C 分担 H26年度-H29年度)

    4. 幼若期ストレスの脳機能への影響と聴覚的環境エンリッチメントの予防効果に関する研究(基盤研究C 分担 H25年度-H28年度)

    5. 脳血管障害に伴う排尿障害を改善する環境因子の同定とその分子機構の解明(バイオテクノロジー研究推進会研究助成事業 代表 H24年度)

    6. 更年期障害モデルマウスにおける海馬BDNF関連遺伝子の性差とエストロゲンの効果に関する研究(日本学術振興会若手研究者海外派遣事業 代表 H24年度)

    7. 高齢者の排尿障害、特に夜間頻尿に対する根本治療薬の開発に関する基礎研究(基盤研究C 代表 H24年度-H27年度)

  • (社会貢献)
    1. 薬学教育協議会・衛生薬学担当教員会議委員

    2. 薬剤師国家試験問題検討委員会・衛生薬学部会委員

    3. 日本薬理学会学術評議員

    4. 高校生サイエンス研究会 発表会審査員

Link関連リンク

  • 薬学部 薬学科
  • 薬学部 漢方薬学科
  • 看護学部 看護学科
  • 大学案内
  • キャンパス・学生生活
  • 受験生応援サイト