教育・研究活動教員紹介

首藤 英樹

首藤 英樹SHUTO Hideki

薬学部 薬学科/地域医療薬学センター

  • 学位

    博士(薬学)、博士(医学・バイオ統計学)

  • 所属学会

    日本臨床薬理学会、日本医療薬学会、日本TDM学会、日本薬学教育学会、日本医薬品情報学会、日本薬学会、日本薬物動態学会

  • 専門分野

    医療薬学、医薬品評価科学

  • 研究テーマ

    ・薬物動態学-薬力学(PK-PD)を基盤とした個別最適投与計画に関する研究
    ・薬物有害作用の予測・軽減・回避対策に関する研究
    ・医薬品のリスク/ベネフィットに関する評価科学研究
    ・チーム医療実践能力を涵養する薬学教育プログラムに関する研究

業績

  • (著書)
    1. 薬の生体内運命 改訂8版 p.200-249 ネオメディカル(2019年)

    2. わかりやすい 薬物動態計算問題の解き方 p.24-28、p.48-54 ネオメディカル(2019年)

  • (原著論文)
    1. 高血圧性緊急症患者に対するニカルジピン注射液原液の精密持続点滴投与による静脈炎発症の危険因子に関するレトロスペクティブ調査研究

      宮津大輔, 江田陽一, 今給黎修, 桑名寿幸, 松浦徹, 竹下龍次, 與田賢作, 秋吉正貴, 手嶋由加, 田中博和, 長郷あかね, 平川雅章, 首藤英樹, 片岡泰文

      医療薬学 43(1) 45 – 52 (2017)

    2. DRESS syndrome caused by cross-reactivity between vancomycin and subsequent teicoplanin administration: A case report

      Miyazu D, Kodama N, Yamashita D, Tanaka H, Inoue S, Imakyure O, Hirakawa M,

      Shuto H, Kataoka Y

      Am J Case Rep 17 625 – 631 (2016)

    3. Significance of combined cyclosporine-prednisolone therapy and cyclosporine blood concentration monitoring for idiopathic membranous nephropathy with steroid-resistant nephrotic syndrome: a randomized controlled multicenter trial

      Saito T, Iwano M, Matsumoto K, Mitarai T, Yokoyama H, Yorioka N, Nishi S, Yoshimura A, Sato H, Ogahara S, Shuto H, Kataoka Y, Ueda S, Koyama A, Maruyama S, Nangaku M, Imai E, Matsuo S, Tomino Y

      CLINICAL AND EXPERIMENTAL NEPHROLOGY 18(5) 784 – 794 (2014)

    4. Vascular dysfunction and impaired insulin signaling in high-fat diet fed ovariectomized mice

      Tominaga K, Yamauchi A, Egawa T, Tanaka R, Kawahara S, Shuto H, Kataoka Y

      Microvasc Res 82(2) 171 – 176 (2011)

    5. Partial hepatectomy aggravates cyclosporin A-induced neurotoxicity by lowering the function of the blood-brain barrier in mice

      Yamauchi A, Dohgu S, Takata F, Watanabe T, Nishioku T, Matsumoto J, Ohkubo Y, Shuto H, Kataoka Y

      Life Sci 88(11-12) 529 – 534 (2011)

    6. The statins fluvastatin and pravastatin exert anti-flushing effects by improving vasomotor dysfunction through nitric oxide-mediated mechanisms in ovariectomized animals

      Shuto H, Tominaga K, Yamauchi A, Ikeda M, Kusaba K, Mitsunaga D, Hirabara Y, Egawa T, Takano Y, Kataoka Y

      Eur J Pharmacol 651(1-3) 234 – 239 (2011)

    7. Medication use as a risk factor for inpatient falls in an acute care hospital: a case-crossover study

      Shuto H, Imakyure O, Matsumoto J, Egawa T, Jiang Y, Hirakawa M, Kataoka Y,

      Yanagawa T

      Br J Clin Pharmacol 69(5) 535 – 542 (2010)

    8. Gender differences in tail-skin flushing induced by nitrates and phosphodiesterase type 5 inhibitors in a climacteric mouse model

      Sejima H, Tominaga K, Egawa T, Ikeda M, Shibuya K, Kameyama N, Yamauchi A,

      Shuto H, Kataoka Y

      Eur J Pharmacol 624(1-3) 66 – 70 (2009)

  • (総説等)
    1. カルシニューリン阻害薬による中枢神経毒性

      日本集中治療医学会雑誌 18: 185-187 (2011)

    2. シクロスポリンの薬剤情報提供と副作用モニタリング

      今日の移植 11: 775-778 (1998)

  • (学会発表)
    1. エビデンスに基づくニボルマブの安全性プロファイリング

      -実薬対照比較試験のメタアナリシス-

      医療薬学フォーラム2018/第26回クリニカルファーマシーシンポジウム(東京)

      平成30年6月

    2. チーム医療実践能力を涵養するIPE薬学教育プログラムの試行

      第25回日本医療薬学会年会(横浜市)

      平成27年11月

  • (競争的資金獲得状況)
    1. 科学研究費補助金 基盤研究(C)

      チーム医療実践能力を涵養するインタープロフェッショナル薬学教育プログラムの開発

      研究代表者

      獲得金額:445万円

      獲得年度及び期間:平成25~27年度

    2. 科学研究費補助金 基盤研究(C)

      血液脳関門病態を予測するバイオメーカープロファイル法の開発

      研究代表者

      獲得金額:455万円

      獲得年度及び期間:平成22~24年度

    3. 財団法人 聖ルカ・ライフサイエンス研究所 「臨床疫学等に関する研究助成」

      病院内における転倒転落事故発生の薬剤危険因子に関するケース・クロスオーバー研究

      研究代表者

      獲得金額:90万円

      獲得年度及び期間:平成21年度

    4. 科学研究費 萌芽研究

      後期糖化反応生成物特異的受容体を介した血液脳関門病態の解明

      研究代表者

      獲得金額:340万円

      獲得年度及び期間:平成17~18年度

    5. 科学研究費 基盤研究(B)

      関節リウマチの免疫抑制薬療法:中枢・腎有害作用の分子機構解析と安全性対策の構築

      研究分担者

      獲得金額:1.576万円

      獲得年度及び期間:平成17~19年度

    6. 科学研究費 奨励研究

      院内感染対策チームにおける抗MRSA薬の適正使用に関する研究

      研究代表者

      獲得金額:75万円

      獲得年度及び期間:平成16年度

  • (社会貢献)
    1. 薬学教育協議会 教科担当教員会議 レギュラトリーサイエンス分野教科担当教員

Link関連リンク

  • 薬学部 薬学科
  • 薬学部 漢方薬学科
  • 看護学部 看護学科
  • 大学案内
  • キャンパス・学生生活
  • 受験生応援サイト