教育・研究活動教員紹介

鎌内-森山 朋子

鎌内-森山 朋子KAMAUCHI - MORIYAMA Tomoko

薬学部 薬学科/薬剤設計学分野

  • 学位

    博士(医学)

  • 所属学会

    日本薬理学会、日本生化学会、日本創傷治癒学会

  • 専門分野

    薬理学、神経科学、臨床薬学

  • 研究テーマ

    ・糖尿病における創傷治癒遅延メカニズムの解明
    ・プロスタグランジンD2合成酵素の機能解析

業績

  • (原著論文)
    1. Survey of Pharmacists’ Knowledge, Actions and Confidence in Medication Education to Patients with Hearing Disabilities, Hyoguchi N., Kamauchi T., Hoshino M., Kubota T., YAKUGAKU ZASSHI, 140(10), 1295 -1298, 2020

    2. Promotion of non-rapid eye movement sleep in mice after oral administration of ornithine, Ken Omori, Yoshiaki Kagami, Chikako Yokoyama, Tomoko Moriyama, Naomi Matsumoto, Mika Masaki, Hiroyasu Nakamura, Hiroshi Kamasaka, Koso Shiraishi, Takashi Kometani, Takashi Kuriki, Zhi-Li Huang, Yoshihiro Urade, SLEEP AND BIOLOGICAL RHYTHMS 10(1) 38-45, 2012

    3. Modulation of P2X receptors in dorsal root ganglion neurons of streptozotocin-induced diabetic neuropathy  Keisuke Migita, Tomoko Moriyama, Masako Koguchi, Kenji Honda, Takeshi Katsuragi, Yukio Takano, Shinya Ueno, NEUROSCIENCE LETTERS 452(2) 200-203,2009

    4. Intracellular alkalization causes pain sensation through activation of TRPA1 in mice , Fumitaka Fujita, Kunitoshi Uchida, Tomoko Moriyama, Asako Shima, Koji Shibasaki, Hitoshi Inada, Takaaki Sokabe, Makoto Tominaga  JOURNAL OF CLINICAL INVESTIGATION 118(12) 4049-4057 2008

    5. Sensitization of TRPV1 by EP1 and IP reveals peripheral nociceptive mechanism of prostaglandins, Tomoko Moriyama, Tomohiro Higashi, Kazuya Togashi, Tohko Iida, Eri Segi, Yukihiko Sugimoto, Tomoko Tominaga, Shuh Narumiya, Makoto Tominaga  MOLECULAR PAIN ,2005

    6. Proteinase-activated receptor 2-mediated potentiation of transient receptor potential vanilloid subfamily 1 activity reveals a mechanism for proteinase-induced inflammatory pain , Y Dai, T Moriyama, T Higashi, K Togashi, K Kobayashi, H Yamanaka, M Tominaga, K Noguchi, JOURNAL OF NEUROSCIENCE 24(18) 4293-4299, 2004

    7. Possible involvement of P2Y(2) metabotropic receptors in ATP-Induced transient receptor potential vanilloid receptor 1-mediated thermal hypersensitivity, T Moriyama, T Iida, K Kobayashi, T Higashi, T Fukuoka, H Tsumura, C Leon, N Suzuki, K Inoue, C Gachet, K Noguchi, M Tominaga, JOURNAL OF NEUROSCIENCE 23(14) 6058-6062 2003

  • (学会発表)
    1. 糖尿病における創傷治癒遅延に対するプロスタグランジンD2の関与. 鎌内 朋子、 窪田 敏夫、有竹 浩介、第50回日本創傷治癒学会、2020

    2. 糖尿病における創傷治癒遅延に対するプロスタグランジンD2の役割. 鎌内 朋子窪田 敏夫、櫻田 司、有竹 浩介、第93回日本薬理学会年会、2020.

    3. 漫画パンフレットによる聴覚障がい者への配慮の実践と服薬指導の自信にもたらす効果.俵口 奈穂美、 鎌内 朋子、 星野 正俊、窪田 敏夫、 日本医療薬学会年会第30年会、2020

    4. 福岡県における中国語圏外国人の医療通訳の実態調査. 王 昌隆、鎌内 朋子、窪田 敏夫、吉武 毅人、 第37回日本国際保健医療学会 2019

    5. 改訂薬学教育モデル・コアカリキュラムに準拠した実務実習における8疾患の実施状況について. 窪田 敏夫、香月 正明、鎌内 朋子、小武家 優子、大光 正男、古賀 多津子、俵口 奈穂美、吉武 毅人、森内 宏志、 第52回日本薬剤師学術大会、2019

  • (特許出願・取得)
    1. 特許第5610577号 睡眠改善剤および鎮静剤ならびにそれらの使用

    2. WO2010-061574 睡眠改善剤および鎮静剤ならびにそれらの使用

  • (競争的資金獲得状況)
    1. 糖尿病における創傷治癒遅延に対するプロスタグランジンD2の役割 文部科学省 科学研究費補助金(基盤研究(C)) 2020年 – 2023年、研究代表

    2. 側坐核のドーパミンD2受容体睡眠覚醒調節機構 文部科学省 科学研究費補助金(基盤研究(C)) 2009年 – 2011年、研究代表

    3. 情動による疼痛伝達制御における偏桃体の役割に関する研究

      文部科学省 科学研究費補助金(若手研究(B)) 2007年 – 2008年、研究代表

Link関連リンク

  • 薬学部 薬学科
  • 薬学部 漢方薬学科
  • 看護学部 看護学科
  • 大学案内
  • キャンパス・学生生活
  • 受験生応援サイト