教育・研究活動教員紹介

香川 正太

香川 正太KAGAWA Syota

薬学部 漢方薬学科/天然物化学分野

  • 学位

    博士(臨床薬学)(富山大学)

  • 免許・資格

    薬剤師

  • 所属学会

    日本薬学会、日本糖尿病学会、和漢医薬学会、老化促進モデルマウス(SAM)学会

  • 専門分野

    漢方薬理学、代謝学

  • 研究テーマ

    漢方薬の肥満・代謝性疾患の予防および治療に関わる研究
    肝脂質代謝(脂肪肝治療)に関する研究

業績

  • (著書)
    1. 陳維華、徐国龍、張明淮、蔡永亮著、木村郁子、陳福君、韓晶岩、香川正太訳、「薬対論-生薬二味の組み合わせからひも解く中医薬方と日本漢方」 南山堂、2019年8月

  • (原著論文(抜粋))
    1. Kimura I, Kagawa S*, Nishimura K. Self-administered rhubarb-free kyoseihatekigan has novel anti-asthma effects: Two case reports. Traditional & Kampo Medicine, 2017;4(1):58-61. (*, Corresponding Author)

    2. Kishida Y, Kagawa S, Arimitsu J, Nakanishi M, Sakashita N, Otsuka S, Yoshikawa H, Hagihara K. Go-sha-jinki-Gan (GJG), a traditional Japanese herbal medicine, protects against sarcopenia in senescence-accelerated mice. Phytomedicine. 2015;22(1):16-22.

    3. Yamada A, Akimoto H, Kagawa S, Guillemin GJ, Takikawa O. Proinflammatory cytokine interferon-gamma increases induction of indoleamine 2,3-dioxygenase in monocytic cells primed with amyloid beta peptide 1-42: implications for the pathogenesis of Alzheimer’s disease. J Neurochem. 2009;110(3):791-800.

    4. Kagawa S, Soeda Y, Ishihara H, Oya T, Sasahara M, Yaguchi S, Oshita R, Wada T, Tsuneki H, Sasaoka T. Impact of transgenic overexpression of SH2-containing inositol 5′-phosphatase 2 on glucose metabolism and insulin signaling in mice. Endocrinology. 2008;149(2):642-50.

    5. Kagawa S, Sasaoka T, Yaguchi S, Ishihara H, Tsuneki H, Murakami S, Fukui K, Wada T, Kobayashi S, Kimura I, Kobayashi M. Impact of SRC homology 2-containing inositol 5′-phosphatase 2 gene polymorphisms detected in a Japanese population on insulin signaling. J Clin Endocrinol Metab. 2005;90(5):2911-9.

  • (総説等(抜粋))
    1. Kimura I*, Kagawa S*, Tsuneki H*, Tanaka K, Nagashima F. Multitasking bamboo leaf-derived compounds in prevention of infectious, inflammatory, atherosclerotic, metabolic, and neuropsychiatric diseases. Pharmacol Ther. 2022;235:108159. doi: 10.1016/j.pharmthera.2022.108159. (*, Corresponding Authors)

  • (学会発表)
    1. 香川 正太、田部 勝也、廣村 信、古賀 貴之、椎木 幾久子、大嶺 貴亮、濱地 桜子、奥屋 茂、木村 郁子、谷澤 幸生、長島 史裕、漢方薬「八味地黄丸」の抗肥満作用に対する脂質代謝の影響.日本薬学会年会第142年会、2021. 3、名古屋.(講演ハイライトに掲載)

    2. 鈴木早織、香川正太、田部勝也、廣村 信、古賀貴之、椎木幾久子、水津菜月、大嶺貴亮、濱地桜子、奥屋 茂、木村郁子、谷澤幸生、長島史裕、八味地黄丸は個体における熱産生を亢進し,抗肥満作用を有する.日本薬学会年会第141年会、2021. 3、広島.

  • (特許出願・取得)
    1. 滝川修、香川正太.アルツハイマー病モデル動物及びその作成方法.WO2010/073519, 出願日2009年12月10日

  • (競争的資金獲得状況(抜粋))
    1. 長島史裕(研究代表)、香川正太(研究分担)2021-2023科研費(基盤研究C)「肥満治療症としての牛車腎気丸および六味丸の有用性とその機序の解明」

    2. 香川正太(研究代表)2021-2023科研費(基盤研究C)「八味地黄丸の代謝作用解明に基づく肥満症治療薬としての意義の確立」

    3. 長島史裕(研究代表)、香川正太(研究分担)2018-2020科研費(基盤研究C)「漢方補腎剤がインスリンシグナル伝達を介した2型糖尿病病態回復に与える影響の検討」

    4. 香川正太(研究代表)2016-2018科研費(若手研究B)「ケトン体増加がPGC1α-Ucp1転写制御により加齢性代謝不全に与える影響の検討」

    5. 香川正太(研究代表)2013-2015科研費(若手研究B)「老化促進マウスにおける牛車腎気丸によるインスリン抵抗性改善作用の検討」

  • (社会貢献)
    1. 老化促進モデルマウス(SAM)学会評議員 2016−

    2. 和漢医薬学会代議員 2017-

Link関連リンク

  • 薬学部 薬学科
  • 薬学部 漢方薬学科
  • 看護学部 看護学科
  • 大学案内
  • キャンパス・学生生活
  • 受験生応援サイト