教育・研究活動教員紹介

大光 正男

大光 正男OHMITSU Masao

薬学部 センター/地域医療薬学センター

  • 学位

    博士(医学)

  • 所属学会

    日本薬学会、日本医療薬学会、日本薬剤師会・福岡県薬剤師会・福岡市薬剤師会、International Pharmaceutical Federation (FIP)、日本社会薬学会、日本薬局薬学会、日本薬学教育学会、日本老年薬学会

  • 専門分野

    臨床薬学

  • 研究テーマ

    ・地域薬局における薬剤師の役割に関する研究
    ・地域薬局における薬剤師の介入による医療効果の改善に関する研究

業績

  • (著書)
      1. ファーマシューティカル 処方解析学-実際の症例に学ぶ -ぱーそん書房 渡邉泰雄 中野真、山口友明、窪田敏夫、松田佳和、大光 正男 (分担執筆) 177-202 2020.2
      1. PBLケーススタディー薬物治療学演習-実務実習から在宅医療を見据えて-廣川鉄男事務所5 吉武毅人、大澤友二、大光 正男 (分担執筆) 25-34
      1. 地域社会に関わる保険薬局の役割

      大光 正男 寺脇 康文  調剤と情報(㈱じほう社)2005.5 79-82

      1. 保険薬局における医師への情報提供の実践

      大光 正男 寺脇 康文  調剤と情報(㈱じほう社)2004. 5 87-91

  • (原著論文)
    1. Effects of Learning on the Confidence to Provide Medication Education for Pharmacy Students.  Hyoguchi N, Ohmitsu M, Kubota T. YAKUGAKU ZASSHI. 140 (6):827-838.2020

    2. 佐賀県薬剤師会における自己血糖測定事業に参加した薬局の検体測定室の現状調査 大光 正男, 徳渕 昭代,米倉 裕大,河野 広美,曲渕 直喜,佛坂 浩,荒牧 弘範 社会薬学, 38.(1) 27-31.2019

    3. Improvement of the water-solubility of paclitaxel with an amorphous solid dispersing technique using polyvinylpyrrolidone as hydrophilic carrier. Katsuki M., Irikura M., Moriuchi H., Ohmitsu M., Kubota T., Iohara D., Hirayama F., Otori T., Matsuyama K.  Intl J Pharm Tech., 11 (2) 31701-31710. 2019

    4. 「資源の呪い」の要因分析に関する文献調査 ~コンゴ民主共和国での活動を踏まえ~ 吉武慎悟、窪田敏夫、田中圭、Ngatu Nlandu Roger、井上裕貴、鎌内朋子、古賀多津子、小武家優子、大光正男、森内宏志、吉武毅人 第一薬科大学研究年報35 21-26 2019

    5. 中途視覚障害者における薬剤使用の調査 笹原 明日香, 小武家 優子, 村井 未来, 大光 正男, 吉武 毅人 社会薬学, 35.(2) 69-79.2016

    6. 薬剤師のフィジカルアセスメント実践に有効なセミナープログラム構築に向けた意識調査 飯田 浩子, 安藤 伸一郎, 坂本 潤治, 重光 美希, 小武家 優子, 大光 正男, 湯川 栄二, 吉武 毅人 社会薬学 2015 34(2): 132-140.

    7. 薬学生におけるアレルギー児童キャンプ体験学習の参加報告および教育的効果の検討:第43回ふくおか病院サマーキャンプ 小武家 優子,高橋 沙季,入江 良賢 ,木村 光太朗,大光 正男,吉武 毅人 第一薬科大学研究年報 2015 Vol.31 13-28

    8. 4年次実務実習事前学習におけるフィジカルアセスメント教育の解析 安藤 伸一郎, 栫 福美, 重光 美希, 古賀 多津子, 小武家 優子, 大光 正男, 湯川 栄二, 吉武 毅人 第一薬科大学研究年報 2015 Vol.31 1-11

    9. 処方せん応需薬局における待ち時間予測に関する検討 吉田 健, 小武家 優子, 大光 正男, 吉武 毅人 社会薬学, 2014 33(2):61-66.

    10. 平成25年度 日本社会薬学会九州支部設立記念講演会・第一薬科大学薬剤師生涯学習講演会参加者アンケートの解析 小武家 優子,湯川 栄二,入倉 充,下園 拓郎,飯盛 恵美子,大光 正男,安藤 伸一郎, 廣村 信,山元 誉子,入江 徹美, 吉武 毅人 第一薬科大学研究年報 2013 Vol.30 73-88

    11. カナダにおける海外薬学研修 大光 正男, エップ デニース ,曲渕 直喜, 湯川 栄二 第一薬科大学研究年報 2013 Vol.30 59-72

    12. 在宅ケアにおける他職種の薬剤管理の現状と薬剤師との連携認識 篠原裕希, 小武家優子, 岩下淳二, 大光正男, 森田桂子, 吉武毅人 福岡医療福祉大学紀要 2013 Vol.10 85-92

    13. スウェーデン・デンマークにおける海外薬学研修 大光 正男, 曲渕 直喜, 下瀬 和俊, 森田 桂子第一薬科大学研究年報 2011 Vol.28

    14. Altered lung morphogenesis, epithelial cell differentiation and mechanics in mice deficient in the Wnt/β-catenin antagonist Chibby. D. Love1, 2, F.-Q. Li1, 2, M. C. Burke3, 4, B. Cyge1, 2, M. Ohmitsu1, J. Cabello1, J. E. Larson5, S. L. Brody6, J. C. Cohen5, K.-I. Takemaru1, 2, 4*1 Department of Pharmacological Sciences, SUNY at Stony Brook, Stony Brook, New York, USA, PLoS.One 2010 Oct 25; 5(10):e13600

    15. A Study on Efficiency Improvement in Preparation of the TAXOTERE Injection  K. Tsutsumi1, M. Hada2, M. Ohmitsu3, K. Tazuya-Murayama4, I. Nose2, M. Tsuruta1, M. Mishima4, K. Morita3 Japanese of Pharmaceutical Health Care and Sciences 35(6) 2009: 431-5

    16. Modulation of human neural stem cell differentiation in Alzheimer (APP23) transgenic mice by phenserine. Marutle1, 2, Ohmitsu1, M. Nilbratt2 , NH. Greig3, A. Nordberg 2, K. Sugaya1 1Biomolecular Sciences Center, Burnett College of Biomedical Sciences, University of Central Florida U.S.A.; 2Division of Alzheimer Neurobiology, Department of Neurobiology, Care Sciences, and Society, Karolinska Institutet, Karolinska University Hospital Huddinge; 3Section on Drug Design and Delivery, Laboratory of Neurosciences, National Institute on Aging, National Institutes of Health U.S.A.

      Proc Natl Acad Sci U S A. 2007 Jul 24;104(30):12506-11.

  • (総説等)
    1. Practical Issues in Stem Cell Therapy for Alzheimer’s Disease Sugaya1, Y.D. Kwak1 , M. Ohmitsu1, A. Marutle1, 2, NH. Greig3, E. Choumrina1. 1Biomolecular Sciences Center, Burnett College of Biomedical Sciences, University of Central Florida U.S.A.

      Curr Alzheimer Res. 2007 Sep; 4(4):370-7

    2. An Oncogenic Hub: β-Catenin as a Molecular Target for Cancer Therapeutics K. -I. Takemaru, M. Ohmitsu and F.-Q. Li Department of Pharmacological Sciences, State University of New York at Stony Brook U.S.A. Handbook of Experimental Pharmacology Protein-Protein Interactions as New Drug Targets 2008 (186):261-84.

  • (学会発表)
    1. 福神調剤薬局におけるFRAX・FOSTAを用いた骨粗鬆症リスク評価への取組 第3回福岡県薬剤師会学術大会 安藤 伸一郎、小庄 修明、大光 正男、石丸 隆之 2021.2

    2. 薬学生における子宮頸がんに関する意識調査 安倍 毬、田中 優美、大光 正男、岡﨑 光洋、福井 良清、古賀 多津子、窪田 敏夫、森内 宏志 第140回日本薬学会年会京都 2020.3

    3. 福神調剤薬局におけるFRAX を用いた骨粗鬆症リスク評価への取り組み 光岡 ゆり、安藤 伸一郎、小庄 修明、大光 正男、石丸 隆之 第30回日本医療薬学会年会 名古屋 2020.9

    4. 佐賀県薬剤師会における自己血糖測定事業に参加した薬局の検体測定室の現状調査 大光 正男、徳渕 昭代、河野 広美、曲渕 直喜、古賀 多津子、鎌内 朋子、香月 正明、小武家 優子、 俵口 奈穂美、吉武 毅人、森内 宏志、窪田 敏夫 第2回福岡県薬剤師会学術大会、2020.2 福岡.

    5. The Effectiveness to Local Residents Health with Finger Prick Tests at the Community  Pharmacy. Tokubuchi A,Ohmitsu M, Magaribuchi N 26th FAPA Congress Pharmacy and Pharmaceutical Sciences 2016, Bangkok, Thailand November 2016.

    6. The Effectiveness of Contributing to the Health of Community Residents by Self-Measuring Blood Glucose Levels at Pharmacies.Tokubuchi A,Ohmitsu M, Epp DA, Koga T, Kawano H, Magaribuchi N, Yoshidomi N, Yoshitake T 75th FIP World Congress of Pharmacy and Pharmaceutical Sciences 2015 Düsseldorf, Germany • 29 September – 3 October 2015

    7. 改訂薬学教育モデル・コアカリキュラムに準拠した実務実習における8疾患の実施状況について 窪田 敏夫、香月 正明、鎌内 朋子、小武家 優子、大光 正男、古賀 多津子、俵口 奈穂美、吉武 毅人、森内 宏志 第52回日本薬剤師会学術大会 山口 2019. 10

    8. 実務実習前の薬学生を対象とした聴覚障害の特性と聴覚障がい者への配慮方法の理解向上を目指した疑似体験授業の効果、 大津屋 美咲、俵口 奈穂美、大光 正男、芦原 美咲、窪田 敏夫 第139回日本薬学会 千葉2019. 3

    9. 佐賀県薬剤師会における自己血糖測定事業に参加した薬局の検体測定室登録の現状調査  大光 正男、徳渕 昭代、河野 広美、曲渕 直喜、荒牧 弘範 日本薬学会年会第136年会 金沢 2018. 3

    10. 薬剤師を目指す学生に対する聴覚障害に関する教育の取り組み 俵口奈穂美、大光正男、芦原 美咲、大津屋 美咲、窪田 敏夫 第5回聴覚障害者医療研究集会 広島 2018.12

    11. 薬学部5年生を対象とした聴覚障がい者への合理的配慮のための聴覚障害の理解と服薬指導に関する意識調査 俵口 奈穂美、大光 正男、芦原 美咲、大津屋 美咲、窪田 敏夫  第28回日本医療薬学会年会 神戸 2018.11

    12. 薬学生の難聴疑似体験による読話での配慮方法の理解向上と聴覚障がい者への服薬指導に対する意識 俵口 奈穂美、大光 正男、芦原 美咲、大津屋 美咲、窪田 敏夫 日本社会薬学会 第37年会東京 2018.9

    13. 薬剤師・薬学生に対する在宅症例検討を体験してみよう!」ワークショップ
      オーガナイザー 大光 正男、大澤 友二、森内 宏志 第3回日本薬学教育学会大会 東京 2018.9

  • (競争的資金獲得状況)
    1. 吉武毅人, 大光正男, 他:平成26年度厚生労働省「薬局・薬剤師を活用した健康情報拠点推進事業」の受託(佐賀県薬剤師会)

    2. 大光正男, 吉武毅人, 他:平成27年度厚生労働省「薬局・薬剤師を活用した健康情報拠点推進事業」の受託(佐賀県薬剤師会)

  • (受賞)
    1. THE FAPA-CP NAGAI AWARD TO THE BEST PAPER2016.11

    2. 第2回 西日本ファーマシューティカルケア研究会 優秀論文 最優秀賞受賞 2010.1

  • (社会貢献)
    1. 日本老年薬学会 評議委員

    2. 老年薬学会指導薬剤師(第1909号)

    3. 日本老年薬学会 研修会企画運営委員会(九州)

    4. 日本社会薬学会 九州支部 事務局

    5. 薬学教育協議会 教科担当教員会議 薬学と社会教科担当教員

    6. 福岡市立春吉中学校 学校薬剤師

    7. 福岡市立小呂小学校・小呂中学校 学校薬剤師

    8. 福岡市医師会急患診療センター 出動薬剤師

    9. 第一薬科大学 同窓会 幹事

    10. 熊本大学 薬学部同窓会 福岡支部 蘇稜会 理事 副総務

    11. 一般社団法人 福岡市薬剤師会 薬学教育委員会 委員

    12. 一般社団法人 福岡市薬剤師会 実務実習支援センター 副センター長

    13. 一般社団法人 スマートヘルスケア協会 シニアアドバイザー

    14. 日本薬剤師研修センター 認定薬剤師 (更新5回) (第04-11685号)

    15. 福岡市新型コロナワクチン調製出務薬剤師

Link関連リンク

  • 薬学部 薬学科
  • 薬学部 漢方薬学科
  • 看護学部 看護学科
  • 大学案内
  • キャンパス・学生生活
  • 受験生応援サイト