教育・研究活動教員紹介

高口 寛子

高口 寛子KOUGUCHI Hiroko

薬学部 薬学科/薬剤設計学分野

  • 学位

    博士(薬学)

  • 資格・免許

    薬剤師、日本薬剤師研修センター認定薬剤師、上級健康食品管理士、学生支援士

  • 所属学会

    日本薬学会、日本TDM学会、日本医療薬学会、日本食品安全協会、日本学生相談学会、日本薬剤師会

  • 専門分野

    医療薬学

  • 研究テーマ

    ・処方箋のデータ解析
    ・非線形混合効果モデルによる母集団薬物動態解析 (NONMEM)

業績

  • (原著論文)
    1. Prescription optimization for hospitalized elderly patients in community-based integrated care wards using a template for pharmaceutical intervention. Hiroko Koguchi, Masako Tahara, Shuichi Ogami, Takayuki Yamada, Shinji Hayashi, Yusuke Yoshinaga, Katsuhiko Hamasaki, Yuko Kojima, Susumu Kaneshige, Masahiro Akishita, Hidetoshi Kamimura. Japanese pharmacology and therapeutics, 49, 221-228(2021).

    2. Prescription optimization for hospitalized elderly patients in convalescence rehabilitation wards using a template for pharmaceutical intervention. Hiroko Koguchi, Masako Tahara, Mai Katsuki, Hironori Takatsu, Shinji Hayashi, Yusuke Yoshinaga, Susumu Kaneshige, Masahiro Akishita, Hidetoshi Kamimura. Japanese pharmacology and therapeutics, 48, 1897-1903(2020).

    3. Study on prescription optimization for hospitalized elderly patients in general wards using a template for evaluating medicines brought to the hospital. Hiroko Koguchi, Machiko Shimoyama, Hironori Takatsu, Kenji Shin, Takayuki Yamada, Shinya Sakemi, Hideo Mori, Susumu Kaneshige, Masahiro Akishita, Hidetoshi Kamimura, Japanese pharmacology and therapeutics., 47,1187-1193(2019).

    4. Risk evasion and the economic impact of pharmaceutical intervention by community pharmacists. Hiroko Koguchi, Naomi Sugimoto, Tetsuya Mitsuyasu, Chiharu Matsunobu, Tomonori Shiratani, Tadahiro Ikeuchi, Susumu Kaneshige, Kentaro Ogata, Hidetoshi Kamimura, Japanese pharmacology and therapeutics., 47,375-382(2019).

    5. Aminopeptidases from Bordetella pertussis and rat brain: Comparison between bacterial and mammalian proteins. Hiroko Koguchi, Mineo Watanabe, Kiyoshi Ito, Wakano Ogawa, Futoshi Matsubara, Annual Report of Daiichi University of Pharmacy.,34,50-63(2018).

    6. Changes in salivary cortisol,IgA and the mood profile following mental stress. Tsukasa Kondo, Hiroko Koguchi, Futoshi Matsubara, Annual Report of Daiichi University of Pharmacy.,26,55-63(2009).

  • (学会発表)
    1. 高齢患者の処方適正化に向けた入院時持参薬評価テンプレートの有用性-地域包括ケア病棟-, 高口寛子、田原雅子、大神修一、山田貴之、林信至、吉永裕助、浜崎勝彦、小島優子、兼重晋、秋下雅弘、神村 英利, 第54回日本薬剤師会学術大会, 2021年9月

    2. 高齢患者の処方適正化に向けた入院時持参薬評価テンプレートの有用性-回復期リハビリテーション病棟-, 高口寛子、田原雅子、香月舞、高津宏典、林信至、吉永裕助、兼重晋、秋下雅弘、神村 英利, 日本薬学会第141年会, 2021年3月

    3. 高齢患者の処方適正化に向けた入院時持参薬評価テンプレートの有用性, 高口寛子、下山真智子、高津宏典、進健司、山田貴之、酒見真也、守秀夫、兼重晋、秋下雅弘、神村英利, 日本薬学会第140年会, 2020年3月

    4. 薬局薬剤師の薬学的介入により年代別に回避されるリスクと医療経済効果, 高口寛子、杉本奈緒美、満安徹也、松延千春、白谷智宣、池内忠宏、兼重晋、緒方憲太郎、神村英利, 第52回日本薬剤師会学術大会, 2019年10月

    5. 薬局薬剤師の薬学的介入により回避されるリスクと医療経済効果, 高口寛子、杉本奈緒美、満安徹也、松延千春、白谷智宣、池内忠宏、兼重晋、緒方憲太郎、神村英利, 日本薬学会第139年会, 2019年3月

    6. 百日咳菌が有するアミノペプチダーゼNの機能解析,品川恭平、山澤龍治、渡邉峰雄、高口寛子、廣村 信、小川和加野、松原大、桑名利律子、高松宏治、伊藤 潔,日本薬学会第138年会,2018年3月

    7. 百日咳菌由来アミノペプチダーゼN(PepN)のクローニングと活性発現,高口寛子、中村裕喜、渡邉峰雄、廣村信、小川和加野、松原大,日本薬学会第137年会,2017年3月

  • (社会貢献)
    1. 福岡市新型コロナワクチン調整出務薬剤師

    2. 高校生サイエンス研究発表会審査員

Link関連リンク

  • 薬学部 薬学科
  • 薬学部 漢方薬学科
  • 看護学部 看護学科
  • 大学案内
  • キャンパス・学生生活
  • 受験生応援サイト