教育・研究活動教員紹介

姜 旻廷

姜 旻廷KANG Minjeong

看護学部 看護学科/基礎看護学領域

  • 学位

    博士(看護学)

  • 免許等

    看護師

  • 研究分野

    基礎看護学、臨床看護学、看護教育学

業績

  • (著書)
    1. プチナース疾患別看護過程「脳梗塞」、照林社、2022年5月号

  • (論文)
    1. Sato T, Sakamoto I, Hiasa S, Kawakubo M, Ishikita A, Umemoto S, Kang M, Sawatari H, Chishaki A, Shigeto H, Tsutsui H : High-echoic Line Tracing of Transthoracic Echocardiography Accurately Assesses Right Ventricular Enlargement in Adult Patients with Atrial Septal Defect, The International Journal of Cardiovascular Imaging, 2022年.

    2. 新原亮史,澤渡浩之,山﨑啓子,姜旻廷,坂本一郎,山村健一郎,永田弾,筒井裕之,樗木浩朗,得能智武,樗木晶子 : ファロー四徴症修復術後患者の社会的自立状況と生活習慣の検討, Pediatric Cardiology and Cardiac Surgery, 38(2);128-139, 2022年.

    3. Min‑Jeong Kang, Hiroyuki Sawatari, Hiroaki Chishaki, Ryoji Shinbara, Keiko Yamasaki, Tasuku Sato, Kanae Fujita, Ichiro Sakamoto, Ken‑ichi Hiasa, Ayako Ishikita, Shintaro Umemoto, Mari Nishizaka, Hiroyuki Tsutsui, Chizuko A. Kamiya, Koichiro Niwa, Akiko Chishaki.: Elaborate evaluation of serial changes in electrocardiograms of atrial septal defects after transcatheter closure for a better understanding of the recovery process, Heart & Vessels, 2020年.

    4. 藤田香奈恵、宮園真美、姜旻廷、森山宣子、吉田大悟、柴田舞欧、安藤眞一、二宮利治、樗木晶子 : 睡眠呼吸障害と診断された一般住民の受療行動に影響を及ぼす要因の検討、日本循環器病予防学会誌, 55, 17-28, 2020年.

    5. 姜旻廷、宮園真美、橋口暢子、金岡麻希、木下由美子、藤田香奈恵、森山宣子、澤渡浩之、岩谷友子、濱田正美、宮田潤子、貝沼茂三郎、樗木晶子:漢方医学セミナーを受講した臨床看護師の健康増進行動変化に関連する要因, インターナショナルNursing Care Research, 17(4), 31-40, 2018年.

  • (学会発表)
    1. 姜旻廷、澤渡浩之、皇甫智明、山﨑啓子、新原亮史、藤田香奈恵、坂本一郎、日浅謙一、筒井裕之、樗木浩朗、樗木晶子 : 心房中隔欠損症患者における経カテーテル閉鎖術前後の年齢別臨床所見と看護指導に関する検討, 第83回日本循環器学会学術集会, 2019年, 横浜.

    2. Minjeong Kang, Ichiro Sakamoto, Hiroyuki Sawatari, Tomoaki Kouho, Keiko Yamasaki, Shintaro Umemoto, Kotaro Abe, Ken-ichi Hiasa, Tomomi Ide, Mari Nishizaka, Kenichiro Yamamura, Shiro Ishikawa, Ryoji Shinbara, Hiroaki Chishaki, Hiroyuki Tsutsui, Akiko Chishaki : Serial electro-cardiographic changes after transcatheter closure of atrial septal defects, 45th International Congress on Electrocardiology, 2018, Chiba, Japan

    3. 姜旻廷、宮園真美、金岡麻希、藤田香奈恵、森山宣子、澤渡浩之、岩谷友子、濱田正美、宮田潤子、貝沼茂三郎、樗木晶子:大学病院で勤務する女性看護師の健康増進行動-日本語版健康増進ライフスタイルプロファイルⅡを用いて-, 第11回日本性差医学・医療学会学術集会, 2018年, 福岡.

  • (社会貢献)
    1. 日本看護研究学会九州・沖縄地方会事務局2021年~

    2. 九州大学病院「看護師のための漢方医学講座」運営2017年

    3. 久山町生活習慣病予防健診「睡眠ブース」スタッフ2017年

学生に向けてのメッセージ

基礎看護学で学ぶ科学的思考と援助技術は看護の基本となります。疾患や居場所を問わずあらゆる場面で看護の概念と技術は存在し、普遍性と多様性を同時にもちます。看護職と看護対象の関係性とモチベーションの変容をうむ優れた看護技術を育てていきましょう。

Link関連リンク

  • 薬学部 薬学科
  • 薬学部 漢方薬学科
  • 看護学部 看護学科
  • 大学案内
  • キャンパス・学生生活
  • 受験生応援サイト