重要なお知らせ
  1. HOME
  2. 重要なお知らせ
  3. 3.対面授業が開始されてからの対応について
コロナウイルスへの対応について

3.対面授業が開始されてからの対応について

学生の皆さんに対する感染予防対策と留意点
出来るだけかからない!うつさないために!

一般的な基本留意点

  • 感染が判明した場合に備えて、学内の連絡体制等をホームページに掲載しているので、活用すること。
  • 感染拡大の防止のため、また、クラスター(集団感染)を発生させないための基本事項として、 1. 換気の悪い密閉空間 (密閉)、2. 人が密集している(密集)、3. 近距離での会話や発声が行われる (密接)、 この3つの条件が同時に重なった場の回避に十分に留意し、更に、洗いや咳エチケット、ドアノブの清掃等、あらゆる場面での衛生管理等を徹底すること。

学生の皆さんに対する感染予防方法及び手段

1 講義を受ける際の注意点

  • 手洗いやマスク着用を徹底すること。
    (マスクが入手困難である場合や忘れた場合は、医務室に取りに行くこと。)
    入室前は、教室の出入り口に設置してある消毒液で必ず手指の消毒を行うこと。
  • 必ず、自宅で検温し、発熱や風邪症状が見られる場合には、登校しない。
  • 健康観察記録フォームへの入力は8時半までとするが、後れた場合は速やかに入力する。または本学ホームページからコロナ健康観察記録表をダウンロードして、これに記入し、持参してもよい。
  • 教室に入室する際は、喋らず、密を避け、ソーシャルディスタンス(最低でも1m以上の間隔)をとって入室すること。
  • 学生同士の対面での会話を避ける。
  • 学生は指定された席に着席して授業を受講する。
  • 教室のドアノブやスィッチなどを不用意に触らない。

2 通学および登校時の注意点

  • 電車やバスなどの公共機関を利用した場合は、必ずマスクを着用し、3密にならぬよう心がける。出来れば、携帯用の消毒液にて、その都度、消毒・手洗いをする。
  • また、手洗いをするまでは口や顔などを絶対に触らないように気をつける。

3 昼食時の注意点

  • 昼食は講義室の指定された座席でとる。
  • 食事中は会話をしない。
  • 会話する必要がある場合は、マスクを着用する。
  • 教職員が確認することがあるので、食事中は机の上に学生証を提示しておく。

4 感染対策

  • 他人と共有する物品や手が頻回に触れる箇所を最低限にする。
  • トイレ使用においては、蓋を閉めて汚物を流す。
  • 個人用のハンカチやタオルを持つこと。
  • ハンドドライヤーの使用は禁止とする。

5 ごみの廃棄について

  • 鼻水、唾液などが付いたゴミは、必ずビニール袋(各教室の入り口付近に準備)に入れて、密閉したうえで捨てること。