新着情報
  1. HOME
  2. 新着情報
  3. 福岡市及び福岡市社会福祉協議会と 福岡市災害ボランティアセンター設置に関する協定の締結式を行いました

福岡市及び福岡市社会福祉協議会と 福岡市災害ボランティアセンター設置に関する協定の締結式を行いました

令和3年7月27日、学校法人都築学園は、福岡市役所本庁9階「特別応接室」において福岡市及び福岡市社会福祉協議会と福岡市災害ボランティアセンター設置に関する協定の締結式を行いました。これにより福岡市から要請があった場合、都築学園が所有する第一薬科大学及び福岡第一高等学校の施設等を同センターの設置場所として提供することになります。 同センター設置の目的は、災害が発生した場合、ボランティア活動を推進し、被災住民へのきめ細かな支援並びに被災地の迅速な復旧及び復興に寄与することです。締結式では、福岡市が設置を、同社会福祉協議会が運営を担任することや、設置期間はおおむね3週間程度を目安とすること、さらには本学に避難所が開設されている場合は、原則、同センターを設置しないことなどが合意されました。 締結式には、高島宗一郎市長、及び福岡市社会福祉協議会の谷川浩道会長が、都築学園からは都築仁子理事長が参加しました。 また、来る防災週間(8月30日から9月5日)には、福岡市と福岡市社会福祉協議会と共に防災イベント(ボランティアセンター設置・運営訓練等)を、第一薬科大学を会場として実施いたします。 福岡市YouTube動画 KBCニュース 西日本新聞  

会場「特別応接室」の様子

協定の締結

                 

締結式参加者の記念撮影
≪左:谷川会長、中央:高島市長、右:都築理事長≫